隅田川ジョギング・中仙道から海まで 2018年  桜を巡るA  @へ B C
 
@北千住・桜並木 前回・2015年3月30日、 
菜の花の土手  彼岸花の土手のジョギング
◎中仙道から隅田川のジョギング
@深川まで・2016年4月5日 @T A深川まで AU  B海まで @T C海まで AU
◎中仙道から荒川を海までジョギング・2015年3月30日
@  A  B
◎中仙道から浅草まで物見遊山のジョギング・2017年3月28日 @  A  B

2017年の春、隅田川の桜を見ながらのジョギングは腰を痛めて浅草までの旅で終わりました。2018年は昨年の失敗に凝りてトレーニングを程々に抑えて桜の咲くのを待ち望んでいました。

寒波の後の突然の夏日、桜があっという間に咲き出してしまいました。3月26日、隅田川のジョギングの最上流の戸田の土手の桜の様子を見に行くと、とても来週では間に合わないと27日に出かける事にしました。

桜の咲き具合を見た戸田の土手は、東京オリンピックのボート会場と隣接しています。何とか辿り着いた晴海埠頭も次の東京オリンピック会場になるらしく大工事の真っ最中です。二つのオリンピックの間の自分の人生を思う旅でもありました。

今回は最後の海までの部分を、前回の隅田川右岸から左岸を選びました。越中島公園から目にした月島はほぼ海の中に巨大な建造物が林立して、その縁を薄紅色に染める桜並木の帯は息を縫む程の新鮮な美しさでした。道々親切な地元の人達の手助けも忘れられない旅の思い出です。長い旅の一日の終わりは月島の銭湯の湯の中に身を沈めて達成感を感じる至福と時となりました。

人の居ない所は走り、居るところでは歩きました。距離としてはおおよそ8割強をよたよたとジョギングをし、2割弱を歩いたように思えます。2018.03.27

⇑画像をクリックするとスライド@Aがご覧になれます。
中仙道から海までのジョギング 隅田川の桜を巡る  マップの@〜C掲載

地図上部の中山道・戸田の渡し跡から隅田川に沿って晴海埠頭までの桜を訪ねました。

マップ左上にあるボタンを押すと一覧表が出ますのでご利用ください.。マップ・メニュー欄右端マークをクリックして”拡大地図”を表示”を開くと見られるでしょう。マップが開くまで時間がかかる場合があります。インターネット・エクスプローラー ご使用の場合はバージョンによっては一部動作が働かない場合があります。

C北区・岩淵水門からD足立区・新田稲荷公園
8:27、土手にタンポポが咲いています、細やかな花にも勇気づけられます。 8:20、荒川河口まで20kmの標識。 8:31、岩淵水門を振り返ります。左に江戸時代・川越舟運でにぎわった新河岸川が口を開けています。

8:34、土手の道の荒川放水路と隅田川の分岐点にやって来ました。土手を下り隅田川左岸に向かいます。

この辺りはただ石の壁の防水壁が隅田川との間を塞いでいるだけです。2018.03.27 

     

D新田稲荷公園から新田橋 スタートより7.64km

8:41、新田稲荷公園の前を通り過ぎました。

Cの岩淵水門から約1.9kmで左手にバス展開場所があり新田稲荷公園が隣接しています。

環七に掛かる新神谷橋をくぐり新田高校の前を通り新田橋辺りまでの約1.2km程の区間の隅田川左岸には桜の並木が続いています。

桜をわざわざ見る人はまれで、歩く人も疎らな遊歩道、ゆっくりとジョギングをしながら桜を眺めています。レンズに指が写ってしまいました。2018.03.27

個人的な好みながら、このようなただ静かに咲くだけの桜の花はその美しさが心に沁み込むように感じます。2018.03.27
人影が見えないので気分良くジョギングが楽しめます。距離が捗る事になり、前途の海まで辿り着ける可能性が高くなります。

8:44、そろそろ環状7号線の新神谷橋が近くなってきました。一際鮮やかな桜が咲いています。2018.03.27

レンギョウと思われる黄色の花が咲いていました。植栽の花類も豊富です。2018.03.27

土手下の道路も長い桜並みが続いています。対岸の隅田川右岸も桜の帯が途切れません。2018.03.27

何度か下に降りて道路脇の桜並木の下を歩こうと思ったのですが、つい億劫になり土手の上から見下ろしています。2018.03.27

 

新田橋まで走ってきました。ジョギングをしながらカメラのシャッターを押しています2018.03.27

足立区新田橋からE宮城ゆうゆう公園へ

9:05、新田橋と過ぎて僅かで新豊橋、その先で隅田川が大きく右に曲がります。そこで荒川放水路と隅田川の土手が合流した広場に宮城ゆうゆう公園があります。トイレ、水飲み場が揃った公園、桜の花が満開です。

手前の五色桜大橋の掛かる首都高速中央環状線と東北道方面に向かう川口線が合流します。重なるように江北橋が見えます。ここから先、千住までの隅田川は川に沿って進むことが難しい上に人家が立て込んでいるのでジョギングには不向きです。私は広大な景色をゆっくり走る為に千住まで荒川の土手を行くことにしました。2018.03.27

E足立区・宮城ゆうゆう公園 スタートより10.44km

Dの新田稲荷公園から約2.8km、人通りがまれな川沿いの道をゆっくりと走りながら、9:14、宮城ゆうゆう公園に到着しました。

右を見れば隅田川、左には広大な荒川が見渡せます。桜の並木は、広大な風景の一要素として静かに彩を添えていました。2018.03.27

手頃な長さの桜並木が海まで行けるかと不安に緊張する心を一時落ち着かせてくれます。

首都高速中央環状線の五色桜大橋の先に江北橋が見えます

何処の桜の木も最も花の勢いが一時に訪れたようです。
顔を近づけると、桜の枝が目一杯に開いた花弁で如何にも重たそうに見えます。

走ってきた方向を振り返ってみました。暫く快適なジョギングが楽しめそうです。水を補給して出発する事にします。

千住まではしばらく隅田川を離れて荒川の土手を走る事にします。千住では荒川土手から降りて桜並木を訪ねるつもりです。

 

隅田川左岸はこの先の下水処理場で行き止まりになり、更に工事などでかなりの区間を川から離れてしまいます。扇大橋までは迂回しながら川沿いを行けますが、景色が余り見えません。右岸に渡っても川から離れる場所が多く、気を使います。それなら隅田川上流の荒川が放水路に変わっていますが、千住までは壮大な河川敷の景色の広がる快適な土手道をゆっくり走り、汐入公園で隅田川に戻るコースをとりました。このコースが私にはストレスがたまらず、荒川の広々した景色の中を走れるので気に入っています。

足立区・宮城氷川神社

9:23、宮城ゆうゆう公園から千住に向かって江北橋の交差点を渡ります。土手の下に神社の社が見えるので立ち寄ってみます。

宮城氷川神社住所:足立区宮城1丁目38−6。

荒川の土手下の静かな神社です。海までたどり着くように参拝をしました。右には浅間神社の石組ありました。

平成26年に奉納された若干小型の所謂岡崎式の狛犬でした。

宮城氷川神社からF北千住桜並木
9:52、荒川河口まで16kmの標識。

9:57、扇大橋に付きました。後の高い橋は日暮里からの舎人スカイライナーです。

9:58、扇大橋の交差点を渡ります。土手を走ってから扇大橋を振り返りました。2018.03.27

10:05、荒川右岸の土手からの雄大な景色に緊張感が緩みます。

首都高速中央環状線の果てしなく続く橋脚の規則的な列が建築物の美しい造形に見えます。10分程走ると荒川の加工まで14kmの標識、トレーニングで走っている距離なので少し心配が薄れてきました。2018.03.27

10:25、家並みに挟み込まれた土手下の小さな公園の桜が目に入りました。誰も見る人が居ない桜なのかもしれません。そんな事には構わずに時が来たので黙々と目一杯に花を付ける姿に偉いと声を掛けたくなります。

その桜の花の咲きに春霞にかすんだスカイ・ツリーが見えます。何か随分遠くにあるように見えます。この下を通って海に行きます。2018.03.2\7

北千住の氷川神社が土手に下に見えます、以前狛犬を訪ねて訪れた事があります。10:31、千住新橋が見えてきました。千住まで来ると海まで行けそうな気分になってきました。2018.03.27
F足立区・北千住柳原の桜並木 スタートより16.54km

10:52、土手の下に桜の帯が見えてきました。次の桜の目的地・北千住の柳原の桜並木です。Eの宮城ゆうゆう公園から6・1km、スタート地点の戸田公園駅から16.54kmです。

2015年3月30日、中仙道から荒川沿いに海までジョギングした折にも立ち寄った懐かしい場所です。その時は、北千住駅から荒川土手に向かいましたが、今回は荒川土手から隅田川に向かいます。2018.03.27

若干花びらが散り出した感じがします、それでも見事な咲き具合です。2018.03.27

観光用に植えたものではない桜並木がとても良い感じです。街の人々の暮らしの中に、春の風物詩としてすっぽりと納まっています。

土産物屋や屋台が出るわけでもありません、静かに咲いているだけです。2018.03.27

桜並木は通りの空を覆いつくす勢いです。数人の見物の人が見られますがそれでも喧騒とは無縁です。静かに桜を見上げて感慨にふける事が出来ます。2018.03.27
桜並木を抜ける地点から後ろを振り返ってみました。桜の枝が満開の花びらで一回り膨れ上がった様に見えます。2018.03.27

この通りは車もそれ程多くは通りません。注意しながら道路の真ん中に出てみました。此処からでは並木の終わりまでは見通せません。2018.03.27

陳腐な言い方ながらまさに桜のトンネルの趣があります。2018.03.27

のんびりは出来ない、先に進まなくてはと思うのですが、ついつい通りの真ん中に出て桜並木を見惚れてしまいます。2018.03.27

並木の終わりが近づいてきたようです。このまま進むと千住の大踏切に出ます。

私はこの先で左折して隅田川に向かうことにします。2018.03.27

桜並木の切れた所の交番で汐入公園を訪ねました。お巡りさんと地元の人が二人して地図を持ち出して丁寧に教えてくれました。2018.03.27
11:15、途中セブン・イレブンでペットボトルのお茶とアイスクリーム買いました。アイスが汗をかいた体には滅法美味しく感じました。隅田川に到着です。

午前中に千住まで辿り着く事が出来ました。此処からは隅田川岸の快適な隅田川テラスが月島まで通じています。道に迷わずに快適にジョギングが出来るので行程も何とかはかどるのではないかと期待しています。Bに続く2018.03.27

@へ Aへ Bへ Cへ

05/11/2018

Copyright (C) Oct. 10,2007 Oozora.All Right Reserved.
本日カウント数-
昨日カウント数-
トップ・ページに戻る
村の植物
村からの旅
村での生活
村の温泉
山を旅する
村の傍の奥の細道
街の暮らし
物語の始まり