街の狛犬江戸の狛犬を訪ねて・東京都北千住の狛犬B @ A 村の狛犬を訪ねて 街の狛犬トップ

 

↑東京都足立区北千住・千住神社の狛犬

28年2月15日、秋葉原のヨドバシカメラでカラー・プリンターのトナーを買う用が出来たので、朝早めに家を出て北千住の狛犬を見る事にしました。27年3月の、海までのジョギングの折に立ち寄ったのでこれで2度目になります(この時は旧日光街道を歩きました)。その時には狛犬に全く興味が無かった事を今では不思議な気がします。

地下鉄千代田線に乗り換えるために西日暮里におりました。ふと、駅前の斜面を見上げると諏訪神社を思い出しました。年末に訪れたのですが、正月の用意で境内に鳶の人達が作業をしていたので狛犬をしっかり見る事が出来ませんでした。それならば立ち寄ってみようと不思議な通路を通って諏訪神社の石段を登ります。2016.2.16

千住神社の狛犬  
千住神社住所:足立区千住宮元町24−1。

荒川岸近くの氷川神社から千十神社まではかなりの距離がありました。途中道が分からなくなって、通りがかりの地元に人に聞くと丁寧に教えてくれました。雨が降り出してきたので大急ぎで神社に向かいます。

長い参道の先に社が見えます。向こうから傘を差してきた人が、私に傘をさしかけながら分かりましかと聞くのでよくよく見ると道を教えて呉れてくれた方でした。途中で私が脇道に入った後姿を見て心配で後を追ってくれたくれたとの事。恐縮してしまいました、そしてここでも東京の下町の人々の気性に触れて嬉しく感じました。2016.2.16

 

本殿で参拝をしておみくじを引きました。そそかしい私は間違えて子供用のおみくじを引いてしまい、全く役に立たないことになりました。

格式の高そうな立派な社です。2016.2.16

千住神社の狛犬・文政13年(庚寅・1830年)・右側の狛犬

社の前の狛犬を見ての第一印象は彫りが大変精密で技術が高いように見える事です。毛が浮いているように見えます。全体の躍動感と力感も見事だと思いました。足下に彫られた子供の四肢の突っ張り具合やお腹の丸みなどもリアルな表現です。これは社に向かって右側に鎮座している狛犬です、一般的には吽像と思われますが、左側の狛犬も子供が彫られています。阿吽の特定が私にはできませんでした。

文政13年の年号は彫られていますが、石工の名前が見つけられませんでした。2016.2.16

千住神社の狛犬・文政13年(庚寅・1830年)・左側の狛犬

社に向かって左に鎮座する狛犬です。口を閉じた感じなので吽像かもしれませんが特定ができません。

こちらの狛犬も技巧的に優れた彫りに見えます。子供の表情も豊かです。2016.2.16

狐の石像・昭和3年・1928年・昭和天皇御大典記念の修復

狛犬の後ろに、岩組に乗った狐の石像が一対あります。昭和3年の昭和天皇の御大典を記念した修復(社と推測されますが)の奉納のようです。かなり高さのある自然石を組み合わせた台座の上に一頭の狐が飛んでいるように見えます。この狐は社に向かって右側です。2016.2.16

こちらは左側の狐の石像です。高い自然石の石組の台座の上に彫られた狐の動きが大変リアルです。2016.2.16
千住神社・富士塚

千住神社の社の右に、富士塚と思われる石組があります。かなり高さも幅もある大きな塚です。後ろからマンションの洗濯物が見えるのも、街の中の富士塚らしく面白い取り合わせです。2016.2.16

願かけ恵比寿と稲荷神社

この一帯には幾つかの末社があります。一種の小型デイズニーランドのようなもので、参拝客を楽しませる施設のように見えます。江戸時代各神社や寺で盛んに行われた御開帳の常備設備のようなものかもしれません。願掛け恵比寿は驚くことに石像が回るようになっています。説明板に従って右に3階、左に3階回しました。

隣り合って稲荷神社がありました。次の河原町稲荷神社に向かいます。雨が、降り止みそうにありません。4号線方向に歩いていると道路脇に私が今最も欲しい傘が道路に放り投げられていました。骨が2本ほど折れていますが雨を除ける事が出来ます、早速千住神社でのお祈りのご利益です。 2016.2.16

八幡神社
千住神社から次の稲荷神社を目指します。国道4号線に出て右折、千住大橋に向かいます。八幡神社がありました。狛犬を探して社に入りましたが、毘沙門天と思われる像があるだけでした。お参りして更に進みます。2016.2.16
”高はし”と言う地元の和菓子屋さがありました。

店内に入ってみました。外から見ると自分の店で作っているようです。値段も手頃で、この土地のお土産に良いかと思い大福を6個買いました。確か¥1,000程度でした。稲荷神社の場所を聞くと、丁寧にも通りまで出てきて4号線の反対側の小さな森を示してくれました。ほぼ斜め向かいにありました。更に千住の桜並木の写真を見せてくれたり大変な心遣い、昔の東京の下町の雰囲気を味わうことが出来ました。因みに、大福は甘すぎずに大変美味しい味でした。。2016.2.16

千住・河原町稲荷神社

  

河原町稲荷神社住所:足立区河原町10−13 。車が行き交く国道4号線の脇にこんもりした鎮守の森が見えます。社に入るとここだけは別天地です。鳥居から見えるビルの前が国道4号線、現在の日光街道です。2016.2.16

境内に異様に大きな狛犬が見えます、楽しみは後にして社で参拝します。拾った傘のお礼とお願いをしました。美しい社です。2016.2.16

河原町稲荷神社・狛犬右側

私の見た狛犬の中でも高さが最も高い大きな狛犬でした。雨に濡れて迫力が更に増しています。

口の開きが若干左の狛犬より大きく見えるので阿像かもしれません。一見して浅草神社の狛犬にそっくりに見えます。おおらかな表情で恐ろしさが全く感じられません、人なっこい印象です。狛犬の前に説明板が立っていました。この河原町稲荷神社は旧日光街道のすぐ近く、江戸時代大きな野菜卸売市場(やっちゃ場)のあった場所でした。2016.02.16

 

説明板の通りで以前見た浅草神社の狛犬にそっくりです。浅草神社の狛犬には石工と思われる”田町・文三郎”と”天保七年(1836年・丙申)の彫り込みがありました。奉納した人の名前は、吉原にも近い山川町の大工・虎五郎の名前が見えました。

私の推測では稲荷神社の狛犬は浅草神社の狛犬より一回り大きく見える事から、後から作られたと思うのです。こちらは当時この河原町にあったやっちゃ場(野菜類の卸売場)の旦那衆、浅草神社の狛犬は大工さん、共に当時の江戸っ子の気風なら、張り合って後から作った人が大きくしたに違いないと思ったのです。2016.02.16

河原町稲荷神社・狛犬・左側

こちらは左側にある狛犬、若干細めな印象があるので吽像かもしれませんが、知識の浅い私には特定はできませんでした。

それにしても大きな狛犬です。千十神社の見事な技巧の狛犬と穏やかな彫りの狛犬の二つを見る事が出来て幸運でした。2016.02.16

右側の狛犬から左側の狛犬を見ています。穏やかな表情の狛犬で守られた境内は、いかにも緩やかな空気が満ちているように感じました。

最後の氷川神社に向かいます。2016.02.16

足立区千住・氷川神社

氷川神社住所:足立区千住仲町48−2。またまた氷川神社です。こちらの神社は常磐線の地下道の近くにある神社です。旧日光街道がすぐそばを通っています。静かな比較的広い境内の神社でした。2016.02.1

昭和41年作・氷川神社狛犬
昭和の新しい狛犬でした。跡から調べてみると社の裏手に古い狛犬が有るのを見落としたようです。残念なことをしました。2016.02.16
時折お参りに訪れる地元の人の姿が見られます。私も静かな社で参拝をしました。秋葉原での買い物の途中に立ち寄った北千住の街の神社で、多くの狛犬を見られた幸運を感謝した次第です。2016.02.16
ミンミンで昼食
昼食の時間です。京成千住大橋駅脇のラーメン屋に行ったら行列でした。それでミンミンという4号線沿いの店に来ました。

最初のラーメン屋は他にも支店があって2度ほど食べた事があるのでどちらかと言うとこのミンミンに興味がありました。安さと味で地元の人に人気があるらしく、街の人々が楽しむ味に興味を感じました。7〜8人も座れば満席の狭い店の中で、働いている人が5人ほどいるようです。運の良い事に行列は一人、私の後に一人の3人です。回転が速く、それ程待たずに席に着くことが出来ました。

ラーメン、餃子、カレー・ライスまである街のラーメン屋さんです。その値段に驚きました、ギョーザが¥230、ラーメンが¥320だったと思います。席に座ってラーメン、ギョウザを頼むとギョーザがすぐ出てきます。次々に作っているのですぐ出てくるようです。6個皿に乗っています。さっそく口に入れると具も美味いのですが、皮がもちもちして大変美味しい餃子です。熱い餃子を2個食べ終わる頃、ラーメンが出来てきました。これが懐かしい昔風の中華そばです、私の好みにぴったたりです。麺が若干柔らかかったかもしれませんが、満足する味です。私のすぐ横ではご主人らしき人が懸命に餃子を作っています。店の雰囲気と味と値段に大満足です。人気のある持ち帰りに焼きそば¥250程度だったと思いますを、買いました。

入れ替わりで次々に入店する人を見ていると、大盛とかラーメン、餃子にカレー・ライスとか、私より大量に注文しているようです。最後に美味しい街の食堂で昼食が出来て大満足でした。次回もぜひここで食事をしょうと思いました。北千住駅に向かいます。ミンミンから4号線を渡ると北千住駅までアーケードの商店街が続きます。

秋葉原のヨドバシ・カメラに立ち寄り、重たいトナーを3個買い込みました。店内は中国人観光客がむやみに多く歩きにくかったので、他の商品を見る事を諦めてさっさと用を済ませて帰路に付きました。2016.02.16

02/24/2016
Copyright (C) Oct. 10,2007 Oozora.All Right Reserved.
本日カウント数-
昨日カウント数-

 

 

 

トップ・ページに戻る