ボヘミアン・ラプソデイー(Bohemian Rhapsody)A @へ トップ・ページに戻る

行幸通りの銀杏と"Queen・ Live Killers"

11月20日、久しぶりに有楽町に映画を見に行くことにしました。再開発で新しく出来たミッドタウン日比谷(⇐写真)4階にある”TOHOシネマズ”に行って見たいと思っていたこともありました。

それなら少し早めに家を出て、一般公開されているという皇居東御苑に立ち寄ってみようかと思いました。この日の東御苑は海外旅行客が半分以上、若干の混雑はありましたが近代的な日比谷の街との美しいコントラストを楽しむことが出来ました。

映画はクイーンのフレデイー・マーキュリーの半生( 45歳の生涯は半生と言ってもよいでしょう)を描いた評判の高い”ボヘミアン・ラプソデイ”にしました。どちらかと言えば”ラ・ラ・ランド”の方が見る前から大きな興味を抱いて映画館の暗闇の椅子で開演を待つことが出来そうです。私には”グイーン”や”フレデイー・マーキュリー”に付いての知識も興味もそれ程ありませんでしたので、ただ評判だけを頼りに劇場にでかけました。

見終わった後の感動は深さと重さにおいて”ラ・ラ・ランド”を凌ぐものを感じました。家に帰ってただ一つのクイーンのCDを探し出して再度感動を反芻しました。私には今年見た映画の中で最も印象に残るものだったような気がします。 2018.11.20

皇居外苑

映画の前に銀座の安いランチを食べに向かいます。日比谷公園までは皇居外苑を通る事にします。外苑までは観光客も来ないのでひっそりとしています。

右手に先程見た多分富士見櫓だと思える櫓が見えます。

行幸通りを横断して右に日比谷方面に向かう事にします。海外の大使などが馬車で皇居参内する折に通る道だと思います。

片側3車線の車道に挟まれた広い歩道の両側の銀杏がちょうど良い色に染まっていました。

行幸通りの行き止まりに東京駅が見えます。

前は東京駅、後がほぼ二重橋方面に当たる事から道路に観光バスがかなり駐車しています。 2018.11.20

内堀通りを横断して日比谷公園方面に向かう事にします。 2018.11.20

 

銀杏並木の下にやって来ました。海外の観光客も立ち止まって見上げています。暖かい国の人には珍しい風景かもしれません。

私たちは右に曲がって皇居外苑の中に入りました。2018.11.20

外苑の中では殆ど人に行き当たりません。

静かな散歩道をのんびりを歩いて日比谷公園に向かっています。

 

楠木正成の銅像が見えます。昔見たような記憶があるのですが、若いころは興味も無かったので記憶にありません。

今になって見上げてみると、動きのある勇壮な作りに見惚れてしまいました。暫く見上げていました。2018.11.20

 

日比谷公園に到着しました”自由の鐘”というそうです。銀座8丁目に向かって1号線方向の出口に向かいます。菊の展示会が行われているようです。2018.11.20
リゴレット・キッチンでランチ

リゴレット・キッチン住所:銀座8丁目8−2−1・ニッタビル地下一階。手頃な飲食店が沢山並んでいるコリドー街の通りに面したビルの地下一階にあります。昼食時には込み合いますが、値段と美味しさで間違いのないイタリアンのランチだと思います。

メイン・デイッシュはラザニア、パスタ、ピザなどがあってサラダとドリンクが付いて¥1,000でした。今回はランチ・スープ¥100とデザート・ケーキ¥200をとりました。久しぶりだったこともあって美味しさを再確認しました。値段は実際と少し違っているかもしれません。

家人はマルゲリータ 私は牡蠣とホウレン草のペペロンチーノ ¥200のデザートです
ミッドタウン日比谷4階・TOHOシネマズ
ミッドタウン日比谷住所:千代田区有楽町1-1-2。JR有楽町駅から5分程。

ミッドタウン日比谷の入り口の前にTOHOシネマズの上演リストと時間が掲示されていました。

エスカレーターで4階まで登ったのですが、乗り換えでは店内を回らされてしまいかなりまごついてしまいました。

丁度午後1時15分開演に間に合いました。少し小さ目な劇場のスクリーン#2で見る事になりました。平日なのに人気の高い映画のせいかかなり混んでいました。2018.11.20

”ボヘミアン・ラプソデイ”

クイーンのボーカルであり作詞作曲を手掛けるフレデイ・マーキュリーを主人公とする映画。私の持つただ一つのCDは、”ウイ・ウイル・ロック・ユー”が入っている事とライブ盤であることが購入の理由でした。全くの知識がなかったので、ただ、評判の映画を見ようと劇場に出かけてきました。

1991年に45歳で亡くなった事は青春時代が1960年から1970年代になるわけです。全てを知っているわけではありませんが当時の英国では、身分に付いての意識がかなり高かったと時代ではなかったかと思います。移民と言う偏見とバイアスがかかり、フレデイ・マーキュリーの心の闇はいかばかりかと思います。

そんな理不尽と向き合う・フレデイー・マーキュリーの生き方が深く描かれていて私を納得させてくれます。心の闇が音楽という創作の場面で聞く人を惹き付ける深い言葉とメロデイーを生み出す心を養ってくれたように思えました。TOHOシネマズの狭い劇場にクイーンの音楽が鳴り響きます。

聞く人を惹き付けるグループの姿、私もその観衆の中にのめり込んでしまいました。恋人に出会って心の安らぎを得て、名声と金銭的な欲望も満たされる幸せの過程を彼らの音楽を、物語の中に挟んで描いてくれます。奈落に落ちていく覚悟を決めたフレデイー、7万人を超えるチャリテイー・コンサート”ライブ・エイド”の観客の大声援を受けて歌います。群衆が唱和する圧倒的な迫力はやがてくる人世の最終章の前の輝きです。

映画なので描かれた事が全て事実ではないにしても、良い映画に出会って又一人本物の才能を持つ人間の姿を知る事が出来て幸運でした。 煮えたかどうだか分からない映画ではなく完全に沸騰した極めて重く深い感動を与えてくれた映画だと思いました。2018.11.20

心を鷲掴みにされるような良い映画を見ると劇場の闇から這い出した当座は現実に戻るのに疲れを感じます。4階のTOHOシネマズのロビーから暫く夕方の近い街の景色に目をやりました。左は日比谷公園を見ています。右は日比谷の交差点から皇居方面を見ています。ブレーキを踏んだ尾灯がやけに目立ちます、夕方が近い事を知らせてくれます。2018.11.20

ミッドタウン日比谷前の広場にはイルミネーションが飾られています。年の瀬が近い事を知らされます。右のゴジラの像もイルミネーションには適わないようです。ラッシュアワーが始まるので急いでJR有楽町駅に向かいました。 2018.11.20

極めて濃密な一日を過ごす事ができました、そして随分歩き回った一日でもありました。忘れられない一日になりそうです。A映画ボヘミアン・ラプソデイと@皇居東御苑終わり。 2018.11.20

皇居と映画A
11/25/2018
Copyright (C) Oct. 10,2007 Oozora.All Right Reserved.
本日カウント数-
昨日カウント数-