会津・桜の道を辿る②会津美里町・⑤千歳桜  ①会津若松へ  

米沢の千歳桜

秩父那須白河長沼と桜を辿って北へと向かいながら、季節になったら更に北に向かい会津の桜を見に行こうと思っていました。会津五桜と言われる代表的な古木の一つ、樹齢600年と言われる石部桜も訪ねます。鶴ヶ城の満開の桜を見て会津若松から訪問を大いに楽しみにしていた会津美里町へと向かいます。会津若松の混雑から解放されて静かに神が宿ると畏敬を感じる桜の古木との邂逅です。まず米沢の千歳桜を訪ねます。樹齢700年を超えると推定される米沢の千歳桜は、田圃や畑の点在するありきたりの自然の中に静かにたたずんでいました。米沢の千歳桜住所:福島県大沼郡会津美里町米田字池南乙1777-2撮影日2013.04.22

会津若松石部桜説明にある千歳桜に纏わる伝承も大変興味深いものがあります。桜の神秘性がさらに増します。まだ2分咲き程度、まだ花の着かない千歳桜は黒々とそびえるモンスターのように見えます。

会津若松石部桜花が僅かに着いただけ、黒々とした幹だけが目立ちます。一般的な優しげな桜の木とは少し印象が違います。逆らい難い圧力と神々しさで私をぐいぐいと押してきます。

会津若松石部桜巨大な桜の周囲を一回りしてみました。裏から見ると花弁がかなり見えます。あたかも巨大なオブジェの様相、桜の花びらが、強烈な個性を和らげるには未だ咲き方が足りないようです。通常、会津若松の石部桜より開花が一週間程度遅いそうです。私達が桜を見ている間3台の車がやってきましたが、花が殆ど見えない為に直ぐに立ち去って行きました。撮影日2013.04.22
⑥会津美里町・中田観音

会津若松市から千歳桜に向かう途中大きな寺院の横を通りました。真新しい駐車場とトイレがあったので一休みします。福島県観光交流局というと言うところのサイトの説明では、”会津藩主代々の祈願所だったので、歴代藩主も足を運んでいます”と書かれていたので荘厳な寺院にも納得が出来ました。ちょっとした門前町になっていて旅館まであります。深い信仰の地なのでしょう。野口英世博士の母親も猪苗代から毎月お参りに来ていたと書かれていました。普門山弘安寺中田観音寺住所:福島県大沼郡美里町米田字堂ノ後甲147

会津若松石部桜
山門に巨大なわらじが飾ってありました。この手前がちょっとした門前町になっています。手を合わせてから桜の道へ戻ります。
⑦法用寺の虎の尾桜

法用寺虎の尾桜会津五桜の一つの法用寺の虎の尾桜を見に来ました。残念ながらまだ少し早かったようです。若松より南に位置するのですが、山に掛かってくるせいか桜の開花が少し遅いようです。虎の尾桜は太い幹だけがそれとわかるだけでした。

 

法用寺虎の尾桜虎の尾桜が見られなかったのは誠に残念な事でした。会津五桜の一つと聞けば、さぞかし満開の花をつけた姿は美しいものなのでしょう。今朝の早起きの疲れが一気に出て来たようです。
法用寺虎の尾桜 法用寺虎の尾桜

境内に立つ会津地方唯一の三重の塔を見に行きます。古びて乾ききった木材が組み合わされた三重の塔は普段目にする木造建築とは異質です。階段で縁側まで登り自由に内部を隙間から見ることが出来ます。お決まりの柵などがない開放的な空間です。

塔の蕎麦に小さな池があり、水芭蕉が見えます。水面からかなり離れた地面で元気に花を付けていました。宮川の千本桜に向かいます。

法用寺虎の尾桜当時はかなり山深い場所だったと思われるこの地で、これ程の塔を建立して維持管理してきた事は驚きです。その経済力と信仰の力の源に大いに興味をそそられました。
⑧古御田(ふるおんた)の桜

古御田の桜カーナビに従って宮川に向かって進むと桜並木の土手が見えてきました。その手前のグラウンドの中に大きな満開の一本桜が見えます。車を止めて一部が開けられている金網からグラウンドの中に入っていきます。それが古御田の桜でした。会津美里町の桜のパンフレットに出ていた一つです。偶然に満開の桜を静かに見上げることが出来ました。

桜の横にたつ説明版を見て今はグラウンドとなっているこの地の由来を知る事が出来て、大きな一本桜への親しみが更に増したようです。それにしても華やかな桜です。見ている人は誰も居ません。

古御田の桜
古御田の桜
古御田の桜桜の幹はかなりの樹齢を示しています。姿がすっきりと風景の中に納まっている美しいシルエットです。宮川の土手に出て桜並木を伊佐須美神社に向かいます。撮影日2013.04.22
⑨宮川の1000本桜

宮川の千本桜土手に延々と続く桜並木、そして1000本桜と称する場所は各地に見られます。全体の景色としての桜です。1本の歳経た桜の古木との対面は、神社仏閣に参拝する気持ちと似ています。少しの緊張、そしてその後の壮快感。

土手の桜を見るのには緊張がありません。ただ、ぼっとして春の宴の中に我が身を入れるだけです。

宮川の千本桜八代将軍・吉宗の御手植が始まりと伝えられる墨堤の桜並木など東京でも見られる風景ですが、この景色には商業主義が皆無です。提灯も下がっていなければ売店もみられません。

春の清らかな自然の営みが広がっています。私は風に吹かれて無心に桜の下を歩きました。

宮川の千本桜
⑩伊佐須美神社

会津美里町と言う町を寡聞にして知りませんでした。私の暮らす街からは勿論、県境の村からもかなり離れている事から無理のない事かもしれません。北は山形、西は新潟に接している会津地方は如何にも訪れるのに遠い場所にあります。この神社は数年前に火事で全焼してここまで再建が進んだそうですが、非常に荘厳な神域です。会津五桜の一つ、境内にあるという薄墨桜を探してうろうろしますが見つかりません。福島ナンバーの方に伺うと火事からの再建途中で見ることが出来ないとの事でした。鳥居の前が駐車場と大きなあやめ園になっています。宮川と接しているので千本桜も見られます。

薄墨桜は諦めてあやめ園を散策します。右写真の欅の巨木や桜の古木も見られます。この境内周辺だけは春らしく人込みがあり、華やいだ空気です。
あやめ園から神社の鳥居が見えます。東北地方で最も大きなあやめ園だそうです。桜の季節が過ぎればあやめの季節は直ぐです。
あやめ園のなかほどにうろになった桜の幹から新しい幹が二本上に伸びている珍しい古木が見えました。遠くからも満開の様子、近づくと上部は枯れたようで、樹高こそ低いのですが姿がまとまりを保った美しい桜の古木でした。明るいうちに県境の村まで帰り着きたいので、そろそろ南に向かって戻りながら旅を続ける事にします。次は馬の墓の種蒔き桜です。カーナビにセットして出発です。
⑨馬の墓の種まき桜
カーナビがゴールの近い事を示す頃、目指す一本桜は畑の真ん中に見えました。大変好ましい事に誰も見ている様子がありません。困ったことに近づく道が分かりません。舗装の道路からかなり離れています。農作業の邪魔になるので農道には止められません。車を数台止めることが出来る砂利のスペースが、どうも馬の墓の桜の為の駐車場ではないかと思われます。此の辺りが”馬の墓”の集落と呼ばれているようです。

桜を目標にして農道を歩きます。辺りには果樹園が広がって、小さく選定された木の間から一際高い桜が望まれます。あたりに人はいません。桜の立つ場所まで、その空間を独り占めです。贅沢な事です。そしてそれは心が解放された気分です。木の下に立って空を見上げます、桜はただ静かに咲いているだけでした。

 

大きな幹にはうろが見えます。ためしに入ってみます。すっぽりと桜に精に包まれた気分です。後を振り返りながら車を止めた場所まで戻ります。辺りの景色から桜色の塊だけが飛び出して空に伸びていました。

これから会津西街道に出て羽鳥湖を経て県境の村に戻ります。

⑩左下り(さくだり)観音堂
県境の村への帰路、この観音堂には是非とも立寄ろうと思っていました。道路の脇の駐車場に車を止めます、目の前にブランコと小さな御堂、それが左下り観音堂かと思ってしまいました。何とも長閑な場所ですがいかにも違う気がします。一旦歩いて登るのかと思い山に向かって坂を登ります。どうも車が登れる道のように思われて引き返します。スリップ止めのゴムで敷き詰められた道を登ると駐車場があります。見かけより楽に登る事ができました。駐車場から更に10分程歩くと写真で見た美しい左下り観音堂が見えてきました。住所:会津美里町大石字東左下り

登り道から観音堂に入る橋の途中に雪が残っていました。

観音堂と岩盤の間には大きな隙間があります。観音堂の背面を巡って行くと岩盤に穴が穿ってあります。外と繋がっています。そこに参拝客が残して行った小さな石ころが置かれていました。

誰か新しい花を供えたようです。左下り集落の人ではないでしょうか 観音堂の裏は岩盤です。そこにへばりつく様に立っています。横に穴が穿ってあります。御祈りをして小石に帽子か着物を着せて置いていくようです。外観から首なし観音に因んだようにも見えます。
観音堂の廊下から下を見ました。紅葉の頃はさぞかし見事な景色になるでしょう。 観音堂の周りは今、ショウジョウバカマが盛りのようです。途中の道でも小さなピンクの花の群落が幾つか見られます。撮影日2013.04.22

天長7(830)年に弘法大師によって開山したと伝えられているようですが、多分各地にある弘法大師に因む伝承と思われます。それでも非常に古い建立ではあるようです。

首なし観音と呼ばれる石像の秘仏があるとの事です。京の都に清水寺があるのは理解できますが、当時極めて山深いこの地にこのような観音堂があった事は驚くべき事です。その経済力と信仰心の源は何であったのでしょうか。撮影日2013.04.22

⑬阿武隈川の八重桜

23日は更に南に向かい南会津町周辺の桜を訪ねる予定でしたが、帰路、湯野上温泉駅の桜を見るとまだ早いように見えました。23日朝、観光協会に電話で確認すると5月初めが満開との事。

今日は久しぶりに花壇と畑の手入れをすることにしました。強風で壊れた塀の修理もやらなくてはなりません。仕事はいくらでもあるのですが、花の咲く頃は、そのチャンスを失するわけにはいきません。どうしても後回しになるのです。撮影日2013.04.23

朝、白河農協の直売所”り菜庵”に買い物に出かけます。街のスーパーの半額以下で新鮮で美味しい野菜が買えます。大体の野菜は¥100前後、イチゴはB級品で¥250程度でした。1週間以上は野菜を十分に補給することが出来そうです。

買い物を終えて帰路に着きます。田んぼの道の先、阿武隈川の土手に桜色の帯が遠望されます。多分桜かと一応確かめに行ってみました。このあたりでは既に桜は終わっています。案の定八重桜の列でした。見る人等皆無です。緩やかな風に吹かれて、何時でも出かける時に持参するポットのお茶を飲んでのんびりと花見です。水路の水が勢いよく流れています。田に水を入れる季節が来たようです。

桜並木は長々と続きます。その目の先に雪が残る那須連山。誰も居ない桜の景色を独り占めしています。ここまで自ら足を運んだ者だけの得がたい贅沢です。

高助バス停の桜 帰り道にもう一つ気になる桜があるのを思い出して立ち寄ってみる事にしました。残念ながら盛りが過ぎて葉っぱが出ていましたが、かなりの古木、大きな枝を広げて花弁を散らしていました。来年こそは満開の頃訪ねて見たいと思います。誰も花を見る為に訪れる事はないでしょう(人々は通りすがりに目の片隅に花を入れて何がしかの感慨を抱くのですが)、それでも時が来たからと花弁を開く、黙々と生きるこのような植物の姿こそが私の好むものです。農協に買い物に来たのに寄り道をしてもうすぐ昼です。帰って畑を耕し、花壇を耕し、塀を直さなくては間に合わなくなります。

今回の会津の桜の道を辿る度は当たり外れがあったのは確かです。会津美里町はそれでも懐の深い魅力的な場所でした。薄墨桜、虎の尾の桜は見る事が叶いませんでしたが、それを補って余りある歴史的な建築物に驚嘆するばかり、深い楽しみを得る事が出来ました。町からの走行距離が合計620キロの桜の道でした。撮影日2013.04.23

09/25/2016
トップ・ページに戻る
Copyright (C) Oct. 10,2007 Oozora.All Right Reserved. 09/25/2016 更新
本日カウント数-
昨日カウント数-
トップ・ページに戻る

会津・桜の道を辿る①会津若松
②会津美里町

村の植物
村からの旅
村での生活
村の温泉
山を旅する
村の傍の奥の細道
ページ一覧
街の暮らし
物語の始まり
会津若松市
①石部桜
②太夫桜
③鶴ヶ城
④神指城跡の桜
会津美里町
⑤米沢の千歳桜
⑥中田観音
⑦虎の尾桜
⑧古御田の桜
⑨宮川の千本桜
⑩伊佐須美神社
⑪馬の墓の種蒔桜
⑫左下り観音堂
⑬阿武隈川の八重桜