狛犬を訪ねてNo.17の@・白河市の狛犬   Aへ
 

白河市金山町・虚空蔵堂の出来の良い狛犬・(1936年)・石工 三国次郎  

 

12月3日の夜街を立って久し振りに県境の村にやって来ました、冬に備えて水抜きと熱線の電源を入れなくてはならないのです。刺すような冷気の中、山の端に満月が昇っていました。月の光が冬枯れの野を明るく照らしています、町での輝きとは異質です。

真っ赤なウメモドキの実の間から月の輝きが見えます、余りも美しい姿にシャッターを押してみました。2017.12.03

 

昨晩懐中電灯で確認していた大根の出来ですが、翌朝確認するとやはり余り太くはなっていませんでした。大根本体もさることながら葉っぱも食べるので大喜びです。地元の本職の方には何時も笑われている出来栄えですが、私達には大根が形になる事だけでも大満足です。

昨晩の内に、鳥に食べられて8個程しか残っていなかった甘柿は懐中電灯を頼りに採って食べてみました。少し熟しすぎているようですが甘く美味しい味でした。渋柿も既に少ししか残っていませんでしたが全て採って街で干し柿にする事にしました。

今回の訪問の目的の一つがこれらの収穫でしたので一安心です。JA白河の”り菜庵”の開店に合わせて出かける事にします。思惑通りB級品のリンゴが沢山出ていました。嬉しくて買い物かご2つに入れて買い込みました。

野菜の買い物の後、久し振りに城下町白河市街の狛犬巡りをすることにしました。2017.12.04

白河市の狛犬・掲載リスト(同名神社が複数あります) 改定 12/16/2017
都都古和気山神社 春日神社 鹿島神社@ 白河神社 角折神社
厳島神社 熊野神社 神宮寺 五龍地神社 社八幡神社
南湖神社 聯芳寺 坂本観音 諏訪神社 羽黒神社
境の明神 鹿島神社 近津神社(ちかず) 角折神社(つのおり) 羽黒神社
八幡神社 金毘羅神社 都々古和気(つつこわけ)神社 角折神社 国津神社
矢越神社 庭渡神社 桜と狛犬・南湖神社聯芳寺 白河天神 杜八幡神社
八雲神社 三柱神社 白山姫神社 妙関寺 八竜神神社
成田山圓養寺 虚空蔵堂 皇徳寺と笠原神社 鳥住神社  
狛犬を訪ねて白河市の狛犬マップ 

 
白河市・羽黒神社(金勝寺跡)

羽黒神社住所:白河市金勝寺37。グーグル・マップで探したこの神社を、JA白河の農産物直売所”り菜庵”の行き帰りに何度が探したのですが見つかりませんでした。金勝寺旅館は分かったのですが、通りから鳥居は見えませんでした。墓地の標識があった事を思い出して今回道路脇のスペースに車を止めて砂利道を墓地の標識に従って入って行くと、稲荷神社の鳥居とその先に羽黒神社の鳥居が見えました。

丁度紅葉が具合よく辺りを彩っていました。稲荷神社には古そうな姿の良い狐が.奉納されていました。2017.12.04

羽黒神社
金勝寺旅館の裏山のような場所に岩を参道にした社がありました。金勝寺という寺院があった跡地のようでその印の石があります。残念ながら狛犬は見当たりませんが静かな社でお参りをして気分が爽快です。

この後白河市内の神社を回りながら、知合いの家で待っている家人を迎えに行くことにして、次の成田山圓養寺に向かいました。

白河市・成田山圓養寺
 

成田山圓養寺住所:福島県白河市天神町43。表情の大変穏やかな狛犬が奉納されていましたが、左の狛犬は木に覆われて全体を見る事はかないませんでした。

 
かなり頻繁に通る旧陸羽街道沿いにあるお寺ですが今まで全く気が付きませんでした。私は車を白河文化交流館コミネス(白河市会津町1−17 )に止めて裏道から歩いて行ったのですが(10分程)、帰路前の旧陸羽街道を辿ってみると簡単に分かりました。お寺にも駐車場がありました、駐車場代にかえたお賽銭を上げてお祈りをする事で参拝程度の時間は許して貰えると思います。
白河文化交流館コミネス:白河市会津町1−17。JR白河駅に隣接、線路を挟んで小峰城があります。37号線・白河羽鳥レークライン脇に見えます。 裏道から旧陸羽街道に出ました。美しい蔵が見られます。因みに白河市近辺では実際に使用されている美しい蔵をかなり目にする事が出来ます。観光用ではないので町の中の景色に溶け込んでいます。
市街の中心部にある為か、奉納された石像がかなり豊富に見られます。 子育地蔵尊
成田山圓養寺の狛犬

右に置かれている狛犬です。口を閉じている事から吽像と思われます。白河ではしばしば見られる阿吽の像が逆に置かれているようです。

やや大きめの狛犬で、目が大きく優し気な表情に見えます。体の線もどかか柔和に感じます。個人的には好ましく思いました。台座に石工の名前などを探したのですが見つける事は出来ませんでした。

2017.12.04

 

右の吽像は左前に木が植えられていて全体を見る事が出来ません。後姿を撮ってみました、この目の先30m程に旧陸羽街道があります。

通りには人々の暮らしを支えて来た商店の家並が連なっていますが、残念ながら殆どが営業を止めているようです。2017.12.04

   
こちらは左に置かれていますが口を開いている事から阿像と思われます。右の吽像より更に太い木が面前を覆っています。葉っぱを少し抑えて何とか顔を写しました。やはり表情が穏やかで見るものに緊張感を与えない狛犬に見えます。2017.12.04
   
白河文化交流館コミネスへの帰路は陸羽街道に出て左に50m程進むと食い違いがあります。嬉しい事に城下町独特の食い違いが未だかなり残っています。背中側がコミネス、前方の狭い道に入り突き当りを右に進むと偶然狛犬を見つけた虚空蔵堂になります。
成田山圓養寺の参道を兼ねた駐車場の脇は美しい蔵が並んでいます。白河市では蔵が散見するのは一般的な風景なのです。2017.12.04

 

 

白河市・皇徳寺

皇徳寺住所:福島県白河市大工町83。白河市役所に車を止めて歩いてきましたが、5分程の距離でした。

白河市街地にある皇徳寺の墓地に新選組隊士・菊地央(たのむ)の墓と、小原庄助の墓と伝承されている徳利型の墓があるという事で訪れて見ました。

笠原神社

皇徳寺へ向かって進んでいくと敷地内なのか独立した神域なのか判然としませんが小さな笠原神社の扁額が掛かった神社がありました。

浅学な為にはっきりしませんが、稲荷神社の形態のように見えます。鳥居の前にかなり大型の狐と推測される石像が置かれています。特異な意匠と顔付が面白い石像です。

 
 

小さな社は新しく改築されたようです。近隣の人々の信仰を集めている様子が見えます。狭い参道で向かい合う狐の石像は何処か長閑な雰囲気を醸し出している様子です。

小峰城の南側、谷田川が流れるこの辺りには古い城下町らしく多くの寺院が点在しています。

 
菊地央と小原庄助の墓
皇徳寺でお参りを済ませてから、案内板に従って二つの墓地に向かいます。それは広い墓地の右端に隣り合ってありました。

白河市街地には戊辰戦争の激戦地の証明である慰霊碑が多く見られます。奥羽列藩同盟に属したにも拘わらず、多くが東軍・西軍を分け隔てなく慰霊したり埋葬を行った様子を見るにつけこの町の印象を好ましくさせてくれています。

個人的にも、徳川幕府に対する子供の頃の好き嫌いの立場が大人になってから逆転しています。浅草の今戸神社を訪れた折にはかなりの若い女性が沖田総司の終焉地の一つと伝えられている為か参拝している姿を目にしました。彼等の行動は別にしてその心情に共感を覚える人たちが確かに居るようです。

菊地央がどのような若者であったか知りませんが手を合わせて冥福を祈りました。

 
新選組隊士・菊地央の墓の隣に石垣で囲まれた説明の大きな墓がありました。
これが小原庄助の墓の伝承が残る墓のようです。お酒が供えられていました。
   
虚空蔵堂

虚空蔵堂住所:白河市金屋町56。大変分かりやすい場所にあります。

家人を白河市内の知り合いの家に迎えに行く途中に狛犬が目に入りました。かなり頻繁に通っていたのにこのような寺院がある事に今まで全く気が付きませんでした。そしてその狛犬がかなり出来が良く見惚れてしまいました。2017.12.04

虚空蔵堂の狛犬・昭和11年(1936年)・石工 三国次郎

ほぼ同じ時代に活躍した三国岩次郎(三柱神社妙見神社の狛犬)と言う石工がいますが、名前がよく似ています。

狛犬の出来はかなり良いように見えます。当時の白河市には野田平業に以外にもかなりの腕の石工の人が未だ居たのかと思いました。

こちらは口を開けた阿像のようです。目の表情が良いと思いました。細部の彫りも見応えがあります。2017.12.04

左に置かれた吽像と思われます。玉は震災で落ちたのかもしれません、新しいものに修正されていました。

阿像に比べると少し優しそうな印象です。

この神域は多分寺院の一部でその中に神社が有るのか、それとも狛犬だけが残っているのか不思議な空間です。

お参りだけをさせてもらいました。

中上さんと言う方が奉納したようです。左端に石工・三国次郎と昭和11年の年号が綺麗に残っていました。

境内から通りを見ています。左に30m程行くと旧陸羽街道に出ます。家の建て込んだ町中の神域です。2017.12.04

 

説明板によれば、この場所は明治元年に廃寺となった法雲寺の跡に残った虚空蔵堂と言うお堂のよういです。

そこに貴重な笈が残されていると書かれているようです。

虚空蔵堂から左に向かって旧陸羽街道に出てみました。角に美しい蔵の奈良屋呉服店と言う呉服屋さんがあります。格別観光用ではなく昔からこの佇まいの店でした。

このような蔵が多く見られます。蔵が多い町などと格別売り出してはいません、それだけに普段の暮らしがしのばれる風情のある風景です。2017.12.04

 
12/16/2017 トップ・ページへ
Copyright (C) Oct. 10,2007 Oozora.All Right Reserved.
本日カウント数-
昨日カウント数-
Provided: Since Oct.10,2007