関の城下町狛犬巡りそのUのB浅川町周辺 @へ Aへ 狛犬トップへ
 

↑上の写真は小松寅吉作と推測されている浅川町・永昌寺の不動明王像です。

この地の石工達の卓抜な技術と造形が生み出す石像群に圧倒されてしまいました。そしてその時の大きな感動がいつまでも残りました。野に立つ石像は長年の風雪にさらされ、石工たちが腕をふるった彫り跡が掠れてきています、追い打ちを掛けるように今回の大震災で多くが打倒されました。神々への感謝の気持ちを、普通の人々の寄進によって形にしたこれらの石像のそれが運命だったのでしょう。そこに暮らす人々が守ってきた鎮守様であったからこそ石工達のこのような創作が許されたとも言えるかもしれません。野にある石像郡のエネルギーに圧倒された旅でした。2015.06.29〜30の第1回目に続き、2015.07.13〜14の第2回目のデータを掲載しました。 2015.07.14

第1回、第2回、狛犬巡りの地図です。ポイント表示マークはカラーで分けてあります。カーナビに入れる住所と写真、簡単な説明文、ポイント地点の閲覧ホーム・ページのリンクが付いています。知識が乏しい為に説明に間違いがあるかもしれません。前もってお詫びしておきます。徐々に訂正を行ってまいります。グーグル・マップ中印は小松利平・布孝(寅吉)、小林和平に関係する狛犬・石像です。銘が彫られていないものや推測の石像も含まれています。

リンクをクリックした場合ページが開くまで時間がかかる場合があります。ブラウザーによっては作動しない場合があります。

グーグル・マップ訪問地点明細(地図のポイント表示マークは色分けされています)
  各回のホーム・ページ見出し名一覧 実施期間
第1回 @関の城下町 A小峰城と金毘羅神社 B借宿・羽黒神社 2015.6.29〜30
第2回 @中島村周辺 B白河の関周辺 B浅川町周辺 2015.7.13〜14
第3回 @西郷村~白河市 A国津神社・羽黒神社 B鐘鋳神社と貫秀寺

2015.7.27~28

第4回 @白河市大信 A白河市近津神社他 B二つの角折神社

2015.8.17〜18

第5回 @西郷村4つの社 A石川町八幡神社他 B小松布孝と小林和平 2015.9.7〜8
第6回 @西郷村から白河市 A白河大信から天栄村 B浅川町 C棚倉町 2015.9.28〜9
白河市・羽黒神社2回目  (1回目)

2015年6月30日、一回目の羽黒神社訪問は小松寅吉の素晴らしい作品に少し興奮してしまい(場所が中々見つからなかった事もあり)寅吉の銘などを見る事を忘れてしまいました。今回はそれを見つけてみるつもりでやってきました。それは確りと狛犬の台座に彫り込まれていました。

加えて個人的な興味として、石像を見るのは十分楽しいのですが、神社全体を巡る事にも大変興味をひかれます。石像を依頼した人々には神社の一つの要素であるでしょうから、本体である社殿まで歩いて祈り、その祈りの場所を見る事も大きな楽しみなのです。今日2回目の訪問の日は、地元の方の手で丁度草刈されたばかりなので羽黒神社社殿まで行ってみる事にしました。神社のある新地山には白河に縁の深い結城氏の新地館(やかた)と言う山の要塞があったらしくその遺構や山の様子にも興味がありました。羽黒神社の住所:福島県白河市借宿親地1。2015.07.14

 

狛犬の台座に石工寅吉と在所の浅川町福貴作の地名がはっきりと彫り込まれていました。

 

小松寅吉作・松平定信歌碑の柵

塀の扉の本体部分の高さが約2m位、一つの岩にびっしりと彫られています。かなり大きな扉です。裏面も決して手を抜いていません。↑囲んだ柵の彫です。驚く事に表と裏は図柄が異なっています。
 
石の扉の下端部です。右には兎、左には鶏が彫られています。勿論扉とは同一の石から彫られているのです。作品の圧倒的な迫力です。
 

両開きの扉の上にも大きな石の飾りが乗っています。途方も無い創作力、想像力、技術、忍耐、体力の持ち主の作品は見飽きる事がありません。

幾ら弟子達が手助けをしたとしても(しなかったかもしれませんが)、鑿と金づちだけで彫り進む体力と汗が表現した作品には圧倒的な力がみなぎっているように感じました。

 
上の写真のように両開きの石の扉の上には更に飾りがあります。3分割して撮影しました。
 
これが中心部の彫です。特別な名称があるかもしれませんが、多分楽人らしき人物(そうでないかもしれません)が3名見えます。
 
   

両開きの扉の内側(柵の中)2本の柱にはかなり大きな狛犬が左右に頭を下にして彫られています。

全く力を抜かない作者のようで、大量の細部の彫の数々を一度で見るのは不可能に思えます。2度目ですがまだ全体がはっきり把握できません。

羽黒神社・小松寅吉の狛犬
地元の人が草刈りをしてくれたので寅吉の石像に身を入れて見る事ができます。大きく見開いた阿像の狛犬の目が見つめています。個人的な感想として寅吉の作品には目の形や表情に特徴があるように見えます。
 
吽像も目が大きく開かれています。生命をもった目のように活き活きと輝いているように見えます。
 
大きな石燈篭の中段の飾りの龍の彫物だと思います。地震で破損したらしく一部が修正されていますが彫の生み出す表現力には大きな差があるようです。
羽黒神社の本殿に登る
登り出した石段から下を見てみました。鳥居の先の狛犬も小さく見えます。2015.07.14
石段の横で山百合が満開です。2015.07.14
羽黒神社本殿への道
小さな二の鳥居、大きな倒木が階段を塞いでいます。 緩やかな登り道が続きます。
最後の石段を登ると本殿です。手を合わせます。 緑の葉が太陽の光に輝いています。
新地山館(やかた)の痕跡かもしれません、山腹を巻いて緩やかに人工的な広い平面が広がっています。 狛犬の場所に戻って来ました。本殿までの距離は少し長いかもしれません。気分の良い散歩道でした。
小滝の清水
白河市東深仁井田陣ケ平74の国津神社を探したのですが分かりません。県道から一本裏の道に出て探しましたが分かりません。田圃が一面に広がる道の脇に小滝の看板、池が見えました。木陰に入って一休み。結局国津神社が分からず浅川町に向かいました。2015.07.14
 
坂本観音・小松布孝(寅吉)の牝馬再訪
白河市の坂本観音小松寅吉の牝馬を見に立ち寄りました。前回訪れた折、名前の彫を見なかったからです。台座に確かに福貴作・布孝の名前が彫られていました。近くの神宮寺に向かいました。2015.07.14
神宮寺佐久間家の墓  2回目

前回鹿島神社を訪れた時に隣接する神宮寺に寅吉が作ったと言われる墳墓がある事を忘れていました。通りがかりだったので立ち寄って見ました。

羽黒神社の前に車を止めて墓地を見まわして見ました。一基・佐久間家の細工の豪華な墓が目につきました。どうも写真では鶴が墓の上に乗っていましたが見えません。地震で壊れたとも思いましたが再度翌調べて訪れたいと思いました。

この墓地にはこの見るからに凝った細工が良く似た作りのお墓が他にも二つありました。二つとも佐久間家と書かれていました。浅川町に向かいます。2015.07.14

浅川町春日神社

石川郡浅川町の貫秀寺を探したのですが見つかりません。近くを通っているのは間違いないのですがたどり着く事が出来ませんでした。ぐるぐる回っている途中春日神社と言う社を見つけました。住所:石川郡浅川町小貫社田28

年代は見つけられませんでしたが、石工の名前が彫られていました。本村・石工・八木沼茂治と読めます。比較的新しい狛犬に見えます。近くの石工の人が彫ったのでしょう、阿像の表情はかなり猛々しい感じがします。
 
2012.4.24吽像も普通の仕上がりに見えました。小松寅吉の在所であった富貴作はすぐ近くのようです。貫秀寺を諦めて浅川町内にある永晶寺に向かう事にします。2015.07.14
 
浅川町・永昌寺
 
永昌寺の住所:石川郡浅川町浅川荒町142。線路を渡った駅の近くらしくカーナビで簡単にたどり着く事が出来ました。大変綺麗なお寺さんでした。2015.07.14
   
お寺に入ると右手に屋根が掛った大きな不動明王の石像が目に入ります。明治42(1909)年の作で小松寅吉がかかわった作品と推測されているようです。2015.07.14
寺院なのですが年月が石を削ったようです、形も定かではない狛犬が鎮座していました。

本堂に向かっていくと左手に精巧な亀か(それとも龍か)の上に乗った石燈篭が木の陰に隠れて建っていました。近付いてみるとちょっと前に見た白河市借宿の羽黒神社の小松寅吉作の石燈篭に似た意匠に見えます。上の写真は後方なのですが非常に似ています。

此方は頭の方だと思いますが龍のようです。作りもかなり手の込んだものです。高さ2メートルを超える石燈篭に蜂が巣を作っているらしく安心して近付けません。

年号や銘は確認できませんでした。2015.07.14

 
本堂で手を合わせます。石灯籠は左の木の下にあります。 六地蔵に見送られて県境に村へと帰る事にします。
日が暮れる前に、早く県境の村に帰って畑仕事をしなくてはなりません。それに二つの羽黒山でかなり歩いて疲れもあります。浅川町福貴作公民館の寅吉の石像も近いので寄りたいのですが、県境の村に戻る事にしました。道はこの先で左に曲がって矢吹方面に出てから4号線を南下、県境の村に着いたのはまだまだ日差しが強く残る時間でした。狛犬を回るU終わり。Tはこちら2015.07.14
 
 
10/12/2015
Copyright (C) Oct. 10,2007 Oozora.All Right Reserved.
本日カウント数-
昨日カウント数-
Provided: Since Oct.10,2007