狛犬を訪ねてYのB石川郡浅川町@那須から白河市 A白河市から天栄村 C棚倉町 
 

↑浅川町福貴作集会所・大きな小松寅吉の仁王像

9月27日、那須朝日岳の紅葉が始まったと言うテレビの情報を聞きました。それならと、仕事が終わってから県境の村にやってきました。28日は朝日岳の紅葉を見て、29日は浅川町から棚倉町を回ることにしました。

朝日岳は確かに紅色に山肌が染まっていました。

晴天に恵まれた28日は登山道の狛犬を見ながら頂上からの景色を堪能しました。29日は白河市の寅吉の定信歌碑の柵がある借宿のJA細倉販売所で、安価かつ新鮮な野菜と果物を買い込み狛犬を巡りました。家人と同行の村の知り合いにとっては、狛犬を見るのと同等かそれ以上に農産物を買う事が楽しみなようです。12時20分の開店時間に合わせて狛犬巡りのルートを決めている次第です。

折角、寅吉の素晴らしい石像のある羽黒神社の前に居るのに、近頃立ち寄っていないのです。撮影2015.09.29  狛犬トップ・ページに戻る

グーグル・マップ訪問地点明細(地図のポイント表示マークは色分けされています)
  各回のホーム・ページ見出し名一覧 実施期間
第1回 @関の城下町 A小峰城と金毘羅神社 B借宿・羽黒神社 2015.6.29〜30
第2回 @中島村周辺 B白河の関周辺 B浅川町周辺 2015.7.13〜14
第3回 @西郷村~白河市 A国津神社・羽黒神社 B鐘鋳神社と貫秀寺

2015.7.27~28

第4回 @白河市大信 A白河市近津神社他 B二つの角折神社

2015.8.17〜18

第5回 @西郷村4つの社 A石川町八幡神社他 B小松布孝と小林和平 2015.9.7〜8
第6回 @西郷村から白河市 A白河大信から天栄村 B浅川町 C棚倉町 2015.9.28〜9
岩瀬郡天栄村・板宮神社狛犬 文久3年(1863年)

 

 

板宮神社住所:岩瀬郡天栄村白子中屋敷53

289号線脇で見つけやすい場所です。神社左側に空き地があったのでそこに車を止めさせてもらいました。

289号線から参道が始まり狛犬が見えます。木立の間から秋の強い日差しが差し込んで斑な模様を描いていました。撮影2015.09.29

板宮神社・阿像・文久3年(1863年 癸亥)

 

 

文久3年(1863年)の彫り込みは見つけましたが石工の名前は見つけられませんでした。少し小型の江戸時代の狛犬です。くりっと開けた目や表情がどこか優し気な印象を受けました。尾も立っているようです。古い時代の狛犬はこのように簡素なのかもしれないと思いました。それはそれで見るときに疲れないので良いものだと思いました。

全く脈絡も無い事なのですが、文久3年と言えば、藤沢周平の”回天の門”の主人公・清川八郎が暗殺された年ですが僅か34歳だったとは、その行動から信じがたい若さです。それと言うのも、今年の春、記念館を訪れようと鶴岡まで行ったのですが吹雪で断念した興味深い人物の死んだ年に奉納された狛犬に対面して、小説から浮かんだ主人公の姿を思い出しました。2015.09.29

板宮神社・吽像・文久3年(1863年 癸亥)

吽像と思われる左に鎮座する狛犬は、阿像の方向を見ています。一対の優しい表情の狛犬の間に交流を感じる意匠に見えます。推測される石工の意図を微笑ましく思いました。撮影2015.09.29

木漏れ日が織りなす心地よい景色が身を包んでくれる社の石段を登ります。どこの社もそうですが、参道を歩く穏やかな気分を楽しんでします。社殿で頭をたれました。撮影2015.09.29
県道289号に面した神社の鳥居まで戻ってきました。参道からはどこの村の景色もそうなのですが黄金色の田んぼが広がっていました。撮影2015.09.29
西白河郡矢吹町・八幡神社

八幡神社住所:福島県西白河郡矢吹町八幡町446番。村の知合いの同行者の人が途中に神社が有ると言うので立ち寄ってみました。八幡神社の木の鳥居、てっきり福島県西白河郡矢吹町根宿199-8と思ってしまいました。撮影2015.09.29

家人は借宿の農産直売所の開店時間に間に合わないとそればかりを心配しています。

小林和平の狛犬が見られる矢吹町の八幡神社の前に来て素通りはできないと神社の前に車を止めて入り口だけ写真を撮りました。

豪華な彫りのどっしりした狛犬が鎮座しています。後から調べるとこの神社は和平の狛犬の居る神社とは別の八幡神社でした。撮影2015.09.29

西白河郡矢吹町・八幡神社・吽像・真船卯右衛門・昭和13年

白河市大信・熊野神社の大正12年作のとび狛かと思うほどの迫力ある狛犬の作者でした。

少し大型で迫力が感じられます。はっきりしませんが、右に鎮座していますが吽像のように見えます。

街に帰って調べてみるとこの神社は、近頃はご無沙汰していますが、前はかなり通った矢吹町営のあゆり温泉のすぐ隣でした。狛犬巡りが落ち着いて来たら温泉につかりながらも良いかなと思いました。この辺りは何故か加温しない天然の温泉が出る地域なのです。

台座に年号と石工の名前が尻労と彫られています。昭和13年と言えば第二次戦争に日本が巻き込まれる直前の時代、この狛犬も兄の入隊と中国上陸記念の文字が彫られていました。撮影2015.09.29

 

西白河郡矢吹町・八幡神社・阿像・真船卯右衛門・昭和13年

ばたんと推測される大きな花や、籠状に彫られた玉、中には一つ小さな玉が入っています。技量を見せつける豪華な狛犬です。

大急ぎで白河市借宿のJA直売所に向かいます。途中右手に見慣れた神社・川田神社が見えます。小松布孝のとび狛犬を目にしながら素通りです。贅沢なことです。撮影2015.09.29

白河市借宿・JA細倉直売所

住所:白河市借宿赤番沢45。もう開店前に並んで待っていた人達が帰ってしまったようです。商品があるか不安になりました。大急ぎで中に入ってみます。家人は入り口で梨を沢山買っています。私はトマト、ナス、キュウリと残っているものを大急ぎで籠に入れます。

サゾカシあさましい姿だったでしょう。とにかく、なんらかの野菜を作っている人が多い地元の人に人気の、安くて新鮮な販売所なのです。新聞紙に包んで二つの冷蔵庫に入れて置くと一月近くは持つのです。撮影2015.09.29

家人も同行の村の知り合いの人も最大の目的を叶えることが出来て大きな満足感を感じたようです。同行者の人が前回拾った栗をまた拾いたいというので国津神社に立ち寄ることにしました。
白河市・国津神社・梅沢敬明・智明狛犬・昭和25(1950)1回目 2回目

これで3度目の訪問になります。栗を拾おうとやってきましたが、そこは刈入れの終わった米の精米所の糠の捨て場になっていました。僅かな栗を拾いました。

木陰の広がる狛犬の前にマットを広げて昼飯を食べることにしました。素晴らしい独創的な狛犬の前でのランチです。撮影2015.09.29

石川郡浅川町・福貴作集会所・小松寅吉仁王像
福貴作集会所住所:福島県石川郡浅川町福貴作東竹167。大変分かりにくかったので略図を書きました。私たちは恐縮するほど親切な地元の方に出会って見つけることができました。
A地点:118号線の信号のない交差点からここまで2km程でしょうか。左は人家、右の田んぼの広がる奥に小山が見えます。そこが目的地、右折します。撮影2015.09.29 B地点:右折すると30m程で右手に雑草の荒地、ヤギが草を食べていました。左の小山に向かって分岐して上る道が見えます。 C地点:分岐した坂からA地点を見ています。後が目的地の集会所です。A地点が分からす直進すると500m程先の左に石屋さんがあります。その場合は戻ってください。118号線からはかなり近いです。
福貴作集会場

私達は寅吉が失敗作として土に埋めた石像と言われている仁王像を見るのを楽しみにしていました。少し大げさですが、そのような作品にはえてして作者の人間性が現れるのではないかと思ったからです。一見不細工でも湧き出すような力を放射する寅吉の石像を見終わった後、今まで以上に親近感を覚えました。

その前に石像探しが大変でした。他人の敷地に入ってしまったりしながら暫くうろうろと探しましたが手掛かりはありません、諦めて次の神社に向かうことを話し合いました。途方に暮れているとトラックが一台やってきました、近づいて集会所の場所を尋ねました。確か私たちがうろうろしている時にすれ違ったトラックでした。胡散臭そうに何故探すかなどと聞かれて、寅吉の石像を見に来たのだと説明したところ後に付いて来いというのです。どうも他府県ナンバーで他人の敷地に入り込んだりしたので怪しまれたのだと思います。誤解が解けた後はこちらが恐縮するほど親切で集会所まで道案内をしていただきました。寅吉の墓の場所を聞いたり、寅吉の本があるから家に寄って行けとか言われたり、思いがけない親切に接した事は寅吉の石像を見た事と合わせて大きな思い出に残りました。

寅吉の仁王像はささやかな遊具が設置された小さな公園の隅にありました。燃える炎のような迫力ある寅吉の狛犬に圧倒されている私にとって、故郷と言える此処で微笑ましい場所と仁王様を見ることができました。撮影2015.09.29

 
寅吉の仁王像の横に碑文が建っていました。一部文字がはっきり読めませんが、おおよぞは判読できたので石碑のサイズを変えて書き込みました。一部文字があっていない場合もあります。撮影2015.09.29
石川郡浅川町・白山比盗_社(しろやまひめ)

白山比盗_社住所:浅川町浅川城山85。この住所は神社のものです(どこでもそうですが社までは車で行けないので周辺を回ることになります)。下調べをしたのですがどこが神社の住所かが中々分かりませんでした。神社は城山と言う城址公園の山の麓にありました。カーナビにはこの住所を入れて118号線を走ると道路沿左に(石川町方面から来た場合)スリーピース(スリーピース自動車販売:浅川町浅川茱萸ケ沢70−1 ・0247-38-1077)という自動車の販売店があります。その角を左に曲がると神社駐車場の看板が見えました(写真は曲がった後、118号線を見ています)、その先には鳥居が見えます。地図は駐車場にあった案内板を写したものに加筆しました。

遠くから訪れる者には何時も神社探しで苦労するので、少なくともカーナビに入れる住所が大切になるのです。因みに、城山という城址の頂上には少し118号線を石川方面に戻り、右に山に入る細い道があります(神社から歩いて登ることも可能なようですが)。撮影2015.09.29

 
長い石段を登っていくと最後に迫力あるとび狛が待っています。本殿は更に左に曲がってもう一つ石段を上ることになります。
阿像とび狛

今にも飛び掛かってきそうな力のある狛犬です。目が大きく歯もしっかりと彫られているようです。目の上の頭の部分の毛なのでしょうか、ねじり鉢巻き状の部分を何と呼ぶのか分かりませんが、その部分は白河市鹿島神社の小松布孝の狛犬を思い出させます。 撮影2015.09.29

台座に彫られた名前の内、右側の”岡部市三郎”は何とか読めましたが、左側の”生田目佐伊助”(最後の助が読めませんでした。佐も人偏は分かりましたが全体の文字に確信が持てませんでした。)。

これも前もって色々な人のサイトで情報を得ていたから判読できたのですが、準備が無かったら読めない可能性が高かったと思います。それ程擦れてしまっていました。年代に付いては見つけることが出来ませんでした。撮影2015.09.29

吽像とび狛

吽像は下の岩と一体になったような感じがします。こちらも動きと迫力を感じます。撮影2015.09.29

本殿への石段を登ります。社の前のスペースはそれ程ありません。 狭い境内の端まで一杯に下がってやっと扁額が撮れました。お参りをして石段を下りました。

狛犬が鎮座する場所まで戻って来ました。棚倉を回るので余りのんびりはしていられません。

石段を急いで下りました。撮影2015.09.29

石段を降りて駐車場に向かう道には山栗が沢山落ちていました。同行の知り合いと一緒に山栗を拾いました。撮影2015.09.29
石川郡浅川町・城山公園

城山公園住所:福島県浅川町大字浅川字城山。私達は石川方向から118号を走ってきて公園の看板を見たのでいったん神社から石川方面の2km程戻って右に曲がって細い山道を登りました。桜の頃なら見事でしょう。

ただ、この道は結構頂上まで遠かったと思います。多分幾つかの上り道が有るのではないかと思います。車が10台ほど止められる展望台までやってきました。眼下に黄金色の田んぼと浅川の町並みが望まれます。118号線が見えます、神社は多分この展望台の下に当たるようです。撮影2015.09.29

一面の黄金色の田んぼの先、はる遠くに、昨日紅葉意見物に登った那須連山が望まれます。大きな雲が浮かんでいます。どこか懐かしい秋の景色が広がっていました。撮影2015.09.29

駐車場から少し登ると広場がありました。ここが下の説明板にある城の跡のようです。ささやかな遊具が誰も居ない広場の中にぽつんとあるだけでした。

日暮れ前に棚倉町を訪れなくてはなりません。118号線にで北に向かうことにします。撮影2015.09.29

 
10/16/2015 トップ・ページへ
Copyright (C) Oct. 10,2007 Oozora.All Right Reserved.
本日カウント数-
昨日カウント数-
Provided: Since Oct.10,2007