狛犬を訪ねてZのB鮫川村の狛犬@須賀川市の狛犬A二つの鹿島神社 
 

↑鮫川村・熊野神社・小松寅吉狛犬阿像

2015年10月26日と27日、久しぶりに県境の村の近くの狛犬を見に出かけました。JA直売所で野菜を買うのが大きな目的で、その行き返りの時間を利用して静かな社を訪れ楽しい時間を満喫することが出来ました。26日、須賀川市、27日は鮫川村を訪ねました。尚、須賀川市はご存知のごとく芭蕉の奥の細道の舞台の一つで、狛犬巡りの途中に芭蕉の足跡と幾度か交差することになります。2015.10.26   
狛犬トップ・ページに戻る

グーグル・マップ訪問地点明細(地図のポイント表示マークは色分けされています)
  各回のホーム・ページ見出し名一覧 実施期間
第1回 @関の城下町 A小峰城と金毘羅神社 B借宿・羽黒神社 2015.6.29〜30
第2回 @中島村周辺 B白河の関周辺 B浅川町周辺 2015.7.13〜14
第3回 @西郷村~白河市 A国津神社・羽黒神社 B鐘鋳神社と貫秀寺

2015.7.27~28

第4回 @白河市大信 A白河市近津神社他 B二つの角折神社

2015.8.17〜18

第5回 @西郷村4つの社 A石川町八幡神社他 B小松布孝と小林和平 2015.9.7〜8
第6回 @西郷村から白河市 A白河大信から天栄村 B浅川町 C棚倉町 2015.9.28〜9
第7回 @須賀川市 A白河市 B東白河郡鮫川村 2015.10.26〜7
鮫川村・諏訪神社

 

 

 

旭宮神社住所:福島県鮫川村赤坂西野中153。県道71号線の脇にあります。車は神社の前路の貯水槽の近くの道路の膨らみ部分に止めました。2015.10.27

カーナビに従って走っていると道路の左に鳥居が見えました。道路脇に車を止めて参道を進みます。柿の木を赤い実が隙間なく埋めています、あたかも紅葉のごとく見えました。長閑な秋の日和です。2015.10.27

諏訪神社・阿像・明治31年(1898年)

少し小型の狛犬です。阿像の玉が欠落してしまったように見えます。100年以上たっているのですからその間には色々な事があったでしょう、避けがたい事だったに違いありません。2015.10.26

諏訪神社・吽像

吽像は斜面に鎮座しているので横から撮ろうとすると見上げるようになります。阿吽像共に台座には石工の名前が見つけられませんでした。

子供の姿や狛犬の口の開け方などが、何処となく白河市・角折神社の狛犬に似ているなと言う感想を持ちました(全くの素人の感想です)。

 

吽像の前面です、子供が親を見上げています。台座には年号が彫られていました。明治31年(1898年)に奉納されたようです。この字体は角折神社の狛犬のものとは少し違うように見えます。2015.10.26
新しい社が建っていました。鈴を鳴らし参詣をしました。
境内から道路を見ています。前の農家の人の空き地に大量の糠かもみ殻かが山になっていました。秋の収穫の後始末も大変なようです。いよいよ次の目的地・寅吉の狛犬です。
鮫川村・熊野神社

熊野神社住所:東白川郡鮫川村赤坂西野名下385。グーグルの航空写真を見るとポイントの場所に神社の境内らしき空間が見えるでしょう。

カーナビに従って走っていると県道71号線から分かれて、集落への道にT磁路を曲がります。曲がるとすぐに小さな防火用水のような柵があります。直進すると集落がありましたが神社はありませんでした。防火用水のような標識の施設まで戻り右に(71号線方面から来た場合は左)入っていくと道路の右に寅吉の狛犬が見えました。少し探すかもしれませんが、集落への道に入ったら防火用水のような標識を左に入ると良いでしょう。神社は道の脇にあるので車から見つけることが出来ます。境内から来た方向を見ています。2015.10.27
熊野神社・小松寅吉・狛犬阿像

木陰の中に明らかに寅吉と分かる飛び狛犬が私たちを睨んでいます。道路の膨らみに車を止めてはやる気持ちを落ち着けて狛犬に近づきました。神社のたたずまいと相まって素晴らしい場所に鎮座する躍動する狛犬に見惚れてしまいました。震災の影響もそれ程ではなかったように見えます、大変綺麗な姿でした。

後ろから見ても前面が想像もできません。2015.10.27

福貴作・石工・小松寅吉の文字だけを見つけましたが年号は分かりませんでした。
熊野神社・小松寅吉・狛犬吽像

じゃれあう2頭の子供が見えます。通りがかりに見てきた白河市・鹿島神社の迫るような狛犬とは異なりどこか優し気な印象を受けました。

吽像の後ろ姿です。彫りの線の滑らかさが見えます。2015.10.27

 

参道を守る阿吽像、これから長い石段を登って社に向かうことにします。2015.10.27
木立と木漏れ日の指す静かな神域の石段をゆっくりと登ります。振り返れば寅吉の狛犬が見えます。

美しい社殿にやってきました。鈴を鳴らしてお参りをしました。又一つ思い出が出来ました。2015.10.27

神社の由来が書かれていました。社を維持することはさぞかし大変な事だったと思います。2015.10.27

玄米を精米しました

県道17号に出ると精米所がありました。10kgに小分けしてもらった米を精米することにしました。これも旅の思い出になります。さすが最新の精米機でした。
車のトランクは買い物の品で一杯です。村で買った米、ホーム・センターで買った風呂の椅子に俎板、農協の直売所で買った大量の野菜と果物、まるで判じ物のような有様です。
鮫川村・八幡神社

村のメイン・ストリートのような道に出ました。郵便局があります。カーナビは目的地としきりに告げるのですが鳥居が見えません。通りがかりの人に尋ねるとこの道沿いにあるとの事、30mも進むと鳥居と狛犬が道路脇に見えました。道の膨らみ部分に止めさせて貰いました。風格のある神社です。2015.10.27

 

社までは狛犬から長い石段を登ります。一つ目の石段を上ると広場、更にこの2つ目の石段を登ります。木漏れ日の差込む心地良い石段が続きます。

八幡神社住所:東白川郡鮫川村赤坂中野道少田162。道路脇に鳥居と狛犬が見えます。

野田平業・狛犬阿像

白河の野田平業の精緻な彫りが美しい狛犬です。当時としてはかなり遠くまで仕事で呼ばれたものだと思いました。腕を見込まれたと言うことなのでしょうか。白河市・ 都々古和気(つつこわけ)神社の狛犬を思い出しました、これは更に彫りが細かいように見えます。2015.10.27

阿像の台座に白河市横町・彫刻師・野田平業の彫り込み。
   
野田平業・狛犬吽像
 

狛犬自体も若干大き目で風格が感じられます。足下の大きな玉の籠状の彫りが極めて精緻です。多くの野田平業の狛犬でこの籠状に彫られた玉が見られますが、これはその中でも最も美しいものかもしれません。

年号が見られませんでしたが、白河市・ 都々古和気(つつこわけ)神社の狛犬が作られた昭和3年前後の作かもしれません。 2015.10.27

吽像の後ろから阿像を見ています。右下がメイン・ストリートになります、と言っても喧騒とは無縁の静かな町の佇まいが続きます。撮影2015.10.27
木製の鳥居をくぐり社でお参りをしました。かなり大きな社です。
境内から鮫川村を見ています。かなり登ってきた事が分かります。秋の日差しが斜めに村に差込んいるようです。日暮れがあっという間にやってきそうな気配です。

本殿の後ろに回ると更に奥の院がありました。小さな石段を登ってお参りをしました。

今回も最大の目的である、農協での買い物では希望の品が大量に手に入れることが出来ました。秋晴れの空の下、清々しい小さな社と狛犬を巡る旅は何時もの通り村での楽しい思い出が一つ増えました。

日暮れ前には県境の村に帰らなくてはなりません。明日の早朝には街に戻るのであれこれと後片付けをしなくてはなりません。村の狛犬を訪ねて・そのZ終わり。 撮影2015.10.27

11/06/2015 トップ・ページへ
Copyright (C) Oct. 10,2007 Oozora.All Right Reserved.
本日カウント数-
昨日カウント数-
Provided: Since Oct.10,2007