狛犬を訪ねて[の@古殿町の狛犬 A古殿八幡神社 B矢吹町 
 

↑白河市・鹿島神社・小松寅吉狛犬阿像

2015年12月07日08日、年末・年始に村に来ることが出来ないために水抜きにやってきました。高原の村では冬季・留守にする時は水抜きと熱線の電源を入れる事が必要なのです。野菜を買う事とそのついでに、村の小さな社を回って狛犬を見る事も大きな目的です。2015.12.07   
狛犬トップ・ページに戻る

グーグル・マップ訪問地点明細(地図のポイント表示マークは色分けされています)
  各回のホーム・ページ見出し名一覧 実施期間
第1回 @関の城下町 A小峰城と金毘羅神社 B借宿・羽黒神社 2015.6.29〜30
第2回 @中島村周辺 B白河の関周辺 B浅川町周辺 2015.7.13〜14
第3回 @西郷村~白河市 A国津神社・羽黒神社 B鐘鋳神社と貫秀寺

2015.7.27~28

第4回 @白河市大信 A白河市近津神社他 B二つの角折神社

2015.8.17〜18

第5回 @西郷村4つの社 A石川町八幡神社他 B小松布孝と小林和平 2015.9.7〜8
第6回 @西郷村から白河市 A白河大信から天栄村 B浅川町 C棚倉町 2015.9.28〜9
第7回 @須賀川市 A白河市

B東白河郡鮫川村

2015.10.26〜7
第8回 @古殿町 B古殿八幡神社 B矢吹町八幡神社 2015.12.7〜8
 
白河市・小峰城

今日は白河市のJA直売所・り菜庵で野菜を買うことにします。9時30分の開店に合わせて村を出る事 にします。

今年の暖冬で、富有柿がとても甘くなっています。高原の村で甘柿が無理なのを数年たってから知りました。通常渋抜きをして食べるのですが今年は本来の甘柿が実っていました。鳥に食べられる前に収穫することにしました。2015.12.07 

り菜庵での買い物の後に家人が市内で所用が有るというので私は小峰城に行ってみる事にしました。城案内のボランテイアの方に狛犬の事を聞こうと思いました。小峰城はJRの白河駅前にあります。

案内人の人が見当たらないので城まで登ってみる事にしました。美しい石垣は築城の名手・丹羽長重が手掛けたものです。2015.12.07 

地震で崩れた石垣の大掛かりに改修が行われています。雪の那須山を背景にクレーンが高く伸びています。石段は高さが高く上り下りが大変です、敵の攻撃を防ぐ知恵かもしれません。2015.12.07 

小峰城説明板

この城も再建された城ですが、この白河市もそうですが、城のある町には古い道や食べ物や家並みがかすかに残っています。そこには土地の人々の暮らしが続けられています、それに接することが私の興味の対象になります。

この小峰城は東北の多くの城と同じく、武士の筋を通して落城しており、その後この三重櫓が再現されました。季節には観光客の人も多く訪れますが、それ以外は近郷近在の人々の散策の場所に見えます。つまり主は変わっても、今も生きている城と言えると思います。そして歴史を包み込んだ好ましい風土が残されていて、それに接することは大変楽しい事なのです。2015.12.07 

白河市・鹿島神社・小松寅吉狛犬

村から狛犬巡りをする場合、しばしばこの前の道を通ることになります。時間がある限り立ち寄って躍動する寅吉の狛犬と対面して静かな社でお参りをすることにしています。いまだこの社で人に会ったことがありません。

静寂が満ちた境内を歩く時は、自分の心の緊張が緩やかに溶けている気分です。2015.12.07 

木立で薄暗い境内の入り口で躍動する石像が辺りを睥睨しています。何時も逆光になり下手な私では上手く撮る事ができません。2015.12.07 

 
吽像のほうがいくらは撮りやすいですが、訪れる時間のせいか光が具合よく差すことがありません。境内に2頭の生き物が住んでいるように見えます。2015.12.07 

何時も辺りの木々が太陽の光を遮って薄暗い境内、二つの狛犬が支配する神域です。恐る恐る社でお参りをさせてもらいました。2015.12.07 

 
石川郡浅川町弘法山公園文殊菩薩堂
文殊菩薩堂住所:石郡浅川町浅川字越巻。地番のない場所で、グーグルマップではノーサンフーズの表示が出ます(地図の表示する場所の少し手前になります)。118号線・石川街道脇左にこの看板が出ているので見つけやすいでしょう。この先50m程を右に入ると、このお堂の文殊菩薩の作者である岡部市三郎が彫った狛犬が鎮座する石川郡浅川町・白山比盗_社(しろやまひめ)があります。ほぼ向かい合う位置にあります。*説明は全て石川町方面に向かってになります。2015.12.07 

看板から、川沿いの砂利道を入っていくと数台の車が止められるスペースがあります。小さな文殊堂がありました。

文面によれば昭和14年に岡部市三郎が彫った文殊菩薩の石像を建立、昭和60年にそれを安置するお堂が建てられたと書かれています。2015.12.07

かなり大きな文殊菩薩です。この人が彫った、石川街道118号線の道路を挟んだ反対側にある白山比盗_社(しろやまひめ)の狛犬もかなり奔放な感じですがこの石像も似ています。厳めしい獅子だと思われる上の乗る文殊菩薩は対照的に優しい御顔です。2015.12.07 

この一帯には石塔がみられますがどれがどれやら区別がつきません。

この下の川の辺りが刑場であったと書かれていました。2015.12.07 

刑場跡 の脇を流れる川にはカモが群れて餌を食べていました。年月の流れは薄黒い歴史も過去に押し流してしまったようです。空は穏やかに晴れわたっています。上の説明の一つかと大黒像を見てみると平成19年建立の新しいものでした。2015.12.07 
鮫川村・切石観世音
浅川町から県道71号線を走ってくると、地図の辺りの道の道路の右に切石観音の標識が立っていました。狛犬が居るかもしれないと、県道から右に折れて山の斜面の細い道を車でおっかなびっくり進みます。僅かで広い場所に出ました。右手にお堂が見えました。切石観世音住所:福島県東白川郡鮫川村大字赤坂西野上93
広場に車を止めて気持ちの良い青空の下でお茶を飲んで一息入れました。2015.12.07
急な石段を登ると青色に染められた美しい観音堂が見えてきました。石段の右手に桜の木があります、春の桜も美しかろうと思いました。2015.12.07
お堂を飾る素晴らしい彫刻を見上げています。誰が彫ったのか良い木彫です。狛犬は見られませんでしたが素晴らしい木像に出会って幸運です。辺りは静寂に包まれています、お祈りをして県道71号に戻ります。2015.12.07
路傍の恵比寿大黒
寅吉や小林和平の大黒像があるらしいので注意しながら車を走らせました。この大黒像は昭和26年のものでした。この辺りは大黒像がしばしば見られます。2015.12.07
   

後田中というバス停の道端には大きな色付きの恵比寿像、石工・須藤丑松と彫られていました。

古殿町を目指して東へと進みます。県境の村からはかなり遠い町のようです。2015.12.07

 
石川郡古殿町伊波止和気神社 (いわとわけ)

 

神社の鳥居の10m手前の左側に小松寅吉の息子の小松布行の大黒像がありました。今回は随分大黒像を目にします。表情がどこか哀愁を感じさせます。偉大な父親を持つ後継者としてはつらい立場だったのかもしれませんが、私には優し気な表情がとても好ましく思いました。2015.12.07

大正13年の石像のようです、年号の右に小松布行の名前が見えます。大黒様の後姿も寂しげな印象です。とぼとぼと道を歩く大黒像に見えてしまいます。

伊波止和気神社住所:石川郡古殿町田口戸神269。349号線御斎場街道を進みカーナビに従って左折、川沿いに進むと道路の左側に神社はありました。見つけやすい神社でした。後には川が流れています。境内に入りお参りをさせてもらいました。車は道路の脇に止めさせて貰いました。2015.12.07

古殿町伊波止和気神社(いわとわけ)狛犬

右側の狛犬です。阿吽像が一般的とは逆で、右に吽像が鎮座しているように見えます。

素朴な表情の狛犬です。2015.12.07

地元の石工の人の作品でした。鮫川村・鈴木利雄、朝川町・高坂庄司の名前が彫られていました  紀元2600年のお伊勢様参拝記念と彫られています。しばしば目にする紀元2600年とすると昭和15年・1940年の事になると思います。それなりの年月がたっています。
左側に置かれた玉を足下に収めた阿像と思われます。大きく開いた目、きつく結んだ口元、四角ばった顔の輪郭、どこかで見た知り合いの顔に見えます。人なっこい狛犬です。2015.12.07
右の吽像から左の阿像を見ています。2015.12.07

穏やかな日差しが差し込む静かな境内です。具体的な造形物のない祈りだけの精神の空間では、石造りの2頭の狛犬だけが生き物のように見えてきます。

だいぶ時間がかかりました。日暮れ前に小林和平の狛犬を見なくてはなります。早々に次を目指します。2015.12.07

 
10/24/2016 トップ・ページへ
Copyright (C) Oct. 10,2007 Oozora.All Right Reserved.
本日カウント数-
昨日カウント数-
Provided: Since Oct.10,2007