鶴岡・藤沢周平作品の場所を訪ねてのをご参照ください。

  村の植物 村からの旅 村での生活 村の温泉 山を旅する 街の暮らし 村の傍の奥の細道

新潟から荘内Ⅱ その②その①へ  新潟から荘内Ⅰその① その②トップ・ページに戻る

強風に波立つ芭蕉句碑のある鶴岡市温海雨池の海

3月9日と10日、2013年に続いて新潟から荘内への旅に出かけました。前回の旅では訪ねる事が出来なかった胎内市と村上市の芭蕉の足跡を訪れる事にしました。更に3月末までの平日は、温海温泉の有名な萬國屋が特別料金で泊まれるというので雪の具合を見ていました。

この旅でも芭蕉の立った地を訪れながらあたりの自然や町、風情、暮らしを自らの心で感じようと思っています。芭蕉と言う道案内人との旅が太い縦糸、その地の人々に示される人情が横糸となり思い出は何時までも心地よい余韻を残してくれます。

3月8日の夕方暮らす街を出て、栃木と福島の県境の村で一泊。翌9日の朝、芭蕉の奥州への旅の入口、白河を抜けて会津に向かいます。会津から磐越道にのり新潟でへぎ蕎麦を食べ、城下町の雰囲気の残る村上市で芭蕉の足跡をたどります。夕方温海温泉に到着。

3月10日は鶴岡で藤沢周平記念館を訪ね、芭蕉ゆかりの場所を訪ねます。雪がちらつき強風が吹き募ります。当初の清川八郎記念館訪問をあきらめて急ぎ村に戻ることにします。磐越道で会津に入ると吹雪、ノロノロ運転の車列の後尾に付いて何とか東北道に出ました。10日は村に泊まり3月11日、暮らす街に戻りました。都合1,087kmの旅でした。撮影日2015.03.10

温海温泉・萬國屋

9日の夜、雨と風の中、万国屋に到着。冬季・平日限定の特別価格で泊まらせてもらうのが申し訳ない程の料理と設備とサービスでした。9日、万国屋の夕食のお品書きです。

10日朝の朝食です。ちょっと欲張って持ってきましたが完食、ごちそうさまでした。申し訳ない程の特別料金なのに二人で¥1,000のカードが付いていたのには更に恐縮、家人は早速売店で心おきなくお土産を買ったようです。撮影日2015.03.10

強風が吹き荒れていますが雨は上がったようです。温泉街を流れる温海川の水かさが増しています。写真の上方向が日本海の方向、そして隣は有名なたちばな屋です。二つの有名な旅館が並んで建っています。9時30分萬國屋を出発、係りの人が車を見送ってくれました。芭蕉の句碑を目指して7号線を北上する予定です。正確な地点が分からないので注意しながら進むことにします。

大鳥神社:温海温泉の道から国道7号線との丁字路を右折、僅かで進行方向の左手に鳥居のある岬が見えてきました。ここが句碑のある場所かもしれないと、進行方向右手の駐車場に車を置いて歩いてみました。

こちらからは堰堤が高くて上まで登れそうにありません。仔細に見ると30メートルほど手前から歩くと階段があるように見えましたが、強風とどうも句碑の場所ではないようなので先に進むことにしました。後から調べるとここは大鳥神社と言うようです。大鳥神社:山形県鶴岡市温海戊27 撮影日2015.03.10

暮坪の海岸・立岩と芭蕉句碑

曽良旅日記・元禄2年・1689年8月11~12日(新暦)

○廿六日晴れ。大山ヲ立。酒田ヨリ浜中ヘ五リ近し。浜中ヨリ大山ヘ三里近し。大山ヨリ三瀬ヘ三里十六丁、難所也。三瀬ヨリ温海ヘ三里半、此内小波渡・大波渡・潟苔沢ノ辺ニ鬼かけ橋・立岩、色々ノ岩組景地有。未の尅、温海ニ着。鈴木所左衛門宅ニ宿。弥三良添状有。少手前ヨリ小雨ス。及暮、大雨。夜中、不止。

○廿七日雨止。温海立。翁ハ馬ニテ直ニ鼠ヶ関被趣。予ハ湯本ヘ立寄、見物シテ行。半道計ノ山ノ奥也。今日モ折々小雨ス。及暮、中村ニ宿ス

更に北に進むと7号線の右側の膨らみに駐車場があって案内板がありました。このあたりは暮坪と言うようで、説明板に立岩や芭蕉の句碑の位置が記されていました。芭蕉の句碑は立岩を越えた更に北のようです。芭蕉と曽良が象潟から越後に進んだ道を私は逆にたどります。

 
国道7号を酒田方面に進みます。左手に特異な岩山が見えてきます。二年前にも訪れた立岩です。車から降りて写真を撮るために道路を渡って海に近づきます。波が白く泡立ち強風に体が飛ばされそうになります。早々に車に戻りました。住所:山形県鶴岡市温海乙21撮影日2015.03.10

二年前もここに車を止めて立岩と日本海を眺めました。海底温泉と言う建物が建っていて不思議な感じがしたことを覚えています。ここの岩が”塩俵岩”と呼ばれている景勝地だそうです。

うかつにも、2年前にはここに芭蕉の句碑があることを知りませんでした。雪道の心配ばかりしていたので、他の場所の下調べが不十分になったようです。強風の中車を止めて句碑を探します。

立岩海底温泉(地図上のポイント) : 〒999-7205 山形県鶴岡市温海雨池308−1 。句碑は駐車場のの北の端の道路際にあります。

広場の先まで進んでみました。すぐそばを通る羽越線に列車がやってきました。酒田方向から新潟方向に向かっています。窓からは日本海が丸見えでしょう。撮影日2015.03.10

車で広場を進み海際まで行ってこの岩陰に車を止めました。

激しい強風です。この不思議な岩が塩俵と言うものかもしれません。家人は車で待つというので私は国道に戻って句碑を探します。

通り過ぎてきた立岩が見えます。国道まで吹きかける波しぶきでぼやけて見えます。

それは松に囲まれて国道の際にありました。知っていれば見逃すことはなかったでしょう。松が強風でゆれています。句碑の前には説明板が付いていました。撮影日2015.03.10

あつみ山や

吹浦かけて 夕涼み 芭蕉

見つけたからには辺りを見なければと荒れる海の写真を撮りました。激しい日本海の波が春の遠い事を知らせているようです。撮影日2015.03.10
少し酒田方向に歩いてみました。勿論酒田まではかなり遠い距離があります。
強風をよけているのかカモメが一羽だけ岩陰にいました。荒れる日本海、波がせりあがってきます。車に引き返すことにします。

強風が吹きつのり波しぶきが掛ります。車まで戻って先に進む事にしました。前回訪れる事が出来なかった鶴岡市内の芭蕉の足跡を訪ねる事にします。

芭蕉句碑を出て鶴岡市内を目指して進みます。国道7号線が羽越本線を超えて、線路が左に見えます。右手に小さな滝が落ちていました。海は荒れ狂っています。大きな波頭が海岸を打ちます。北前船が冬の間、船泊で春を待つという日本海の難儀さを眼のあたりにして納得しました。羽越線を貨物列車が酒田に向かっていきました。山形県鶴岡市五十川

鶴岡市市内の芭蕉の足跡と藤沢周平記念館

奥の細道

酒田
羽黒を立て、鶴が岡の城下、長山氏重行と云物のふの家にむかへられて、俳諧一巻有。左吉も共に送りぬ。川船に乗て酒田の港に下る。

曽良の旅日記

○十日申ノ刻、鶴ケ岡長山五良右衛門宅ニ至ル。粥ヲ望、終テ眠休シテ、夜ニ入テ発句出テ一巡終ル。

芭蕉関連地①山王日枝神社

車で内川乗船地跡を訪ねたのですが、川沿いの狭い道で車が止められません。もしかして神社なら駐車できるかと、芭蕉句碑のある山王日枝神社に向かいます。境内の空地に止めて社務所にことわりをいいました。雪がちらついてきました。

家人は車で待つというので帽子・手袋で身をかためます。社殿で祈ります。神社から赤い線を回りました。道に迷ったのですが40分程です。内川の二つの橋を結んで一周すると良いでしょう。地図の名称をクリックしてください。山王日枝神社住所:鶴岡市山王町2 – 26

神社の鳥居から本殿を望んでいます。後ろは大きな通りです。通りを横切って路地に入る事になります。芭蕉の句碑を探します。撮影日2015.03.10 神社の鳥居の左側の境に案内図がありました。これによれば内川乗船地跡の近くに駐車場の印があります。通りがかりに見ましたが果たして一般の人が止められるかどうかは分かりません。自作の地図にも一応Pの印を付けておきました。
鳥居をくぐって右手にある池の中の小島に句碑はありました。赤い太鼓橋を渡ります。雪囲いをした小さな社がありました。お参りをします。

奥の細道と曽良の旅日記に記されている元禄2年6月10日の長山重行宅での句会での発句が刻まれています。

珍らしや 山をいで羽の 初茄子

俳諧書留を読んでみました。この折の芭蕉の幾つかの句を見つけてゆっくり読んでみました。


芭蕉関連地②長山重行跡地
日枝神社の鳥居から正面の路地を進みます。電信柱に長山邸跡の看板が幾つか見られます。左手に大きな大昌寺、その先の路地を左折しました。長山重行邸跡:鶴岡市山王町2-26

曲がって直ぐにカラフルなアパートが右手に見えます。その陰に隠れるように割り竹の塀で仕切られた場所が長山重行邸の跡地のようです。多分当時はかなり広い敷地だったのでしょう。奥の細道に書かれた当時の極めて由緒ある階級の人々の痕跡がかき消えている場面にしばしば遭遇します。芭蕉の書きだしの文章が頭をよぎります。

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。

長山重行邸跡地の石碑が建っていました。一隅に山王日枝神社にある句と同じ、珍しや山をいで羽の初茄子 の句碑が建っています。説明板にも書かれているこの民田茄子は藤沢周平の作品にも何度か登場する小型の茄子のようです。
芭蕉関連地③内川乗船地跡

長山重行邸跡から内川に向かいます。数分で川に突き当たります(青い建物のあたり)。乗船地らしきものが見られないので私は左右に見える橋を回って見る事にします。

川に向かって左に道を取ります。駐車場があります、これが日枝神社の看板に書かれたものだと思います。橋を渡って対岸に行くと右手に小さな公園のようなものが見えて来ました。もしかして乗船地跡かと思い看板を探しますが見当たりません。内川に下りる石段を下って写真を撮りました。撮影日2015.03.10

公園から内川まで下りられる石段があります。 長山邸跡から出て来た道の対岸を進みます。
ご存じのように内川は藤沢周平作品では五間川としてしばしば登場します。愛読者には空想の中でイメージが出来上がっている馴染みの場所になります。藤沢周平作品の場所を訪ねてご参照下さい。
長山邸跡への路地の入口が青い建物です。見える橋は大泉橋です。左には主に食料品の店が並んでいます。

特に”蝉しぐれ”では文四郎がおふくを庇いながら夜の内川(五間川)を船で行く光景が目に浮かびます。

左上と左の2枚は内川の小公園にあった説明板の写真です。橋は大泉橋で大きな樹木の手前の家の辺りが長山邸跡からの道になります。このあたりから芭蕉と曽良は船で酒田に向かったのでしょう。その跡地が分かりません。
大泉橋までやってきました。何処にも芭蕉乗船地の標識が見当たりませんでした。諦めて橋を渡って長山重行邸跡地に戻る事にしました。
大泉橋から、先程通って来た道を見ています。その橋を渡って川沿いに歩いてきました。橋の際に小公園があります。撮影日2015.03.10 風格のある木造3階建ての家、トタンの壁が錆ついていました。繋がる右側の家では大工さんが改築をしていたので生まれ変わるのでしょう。この建物で最初長山邸跡をカーナビに入れてこの道を通った事に気づきました。車では路地に入れそうもないので山王日枝神社に向かったのです。

大泉橋を渡って右折、10m程進んで左折して長山邸跡に戻ります。驚いた事に曲がり角の手前に芭蕉乗船地跡の標識がありました。

何時も通りのそこつさがでました。路地から出て右手に注意すればこの標識が見つけられたのです。しかし強がりではないのですが、左の橋、右の大泉場を周回するコースが良かったと思いました。これだけ眺めて戻るには勿体ない事です。撮影日2015.03.10

長山邸跡への看板が電柱に出ています。左に曲がって山王日枝神社に戻る事にします。木の辺りが駐車場だと思いますが確かではありません。
藤沢周平記念館へ
山王日枝神社から藤沢周平記念館に向かいます。上の写真はパンフレットと入場券です。住所:鶴岡市馬場町4-6 定休日 水曜日(休日の場合は翌日以降の平日)0235-29-1880入場料 ¥320 9時=16:30分

藤沢作品の解説書が売られていたので、”春秋山伏記”と”義民が駆ける”の2冊を買いました。単なる記念だけの目的ではなく、じっくり読んで楽しむ為に購入しました。誠に残念ながら、今では新しい作品は当然読む事も出来ませんので大切に味わいたいと思っています。価格は¥400程度だったと思います。撮影日2015.03.10

市役所を右手に見て更に進むと右手に藤沢周平記念館の看板。その先の信号を左折して駐車場を探すとすぐ左手にありました。外に出ると強風が吹き募ります。

風に翻弄されながら藤沢周平記念館に向かいます。左手に美しい致道博物館が見えてきました。信号を渡って右に進みます。

城のお堀が見えてきました。桜の咲く鶴ケ岡城が舞台となる”花のあと”の標識が建っていました。私にはこの他にも鶴ケ岡城が舞台となる物語が思い出されます。上の写真左から”玄鳥”・”花のあと”・”冤罪”もそうですが、たそがれ清兵衛も城が舞台として登場する物語です。撮影日2015.03.10

更に市役所方面に進むと藤沢周平記念館の標識。左に曲がると大変姿の美しい大宝館。住所: 鶴岡市馬場町4-7(鶴岡公園内) 電話: 0235-24-3266  休館日・水曜

正面の左側の道を進みます。

大宝館の隣の建物が藤沢周平記念館でした。几帳面な実筆の原稿を見て、素人の感想ながら作られた作品の緻密さを納得しました。入れ違いに二人連れの閲覧者が出て行ったきり、シーズン・オフでもありゆっくりと堪能する事が出来ました。私よりどちらかと言うと家人の方が熱心に見ていたようです。

計画ではこの後、清河八郎記念館に回って最上川沿いを帰るつもりでしたが、まっ黒な雲と強風を目のあたりにして急いで帰路に付きました。安全の為に往路と同じく新潟経由で磐越道から戻る事にしました。撮影日2015.03.10

県境の村への帰路

 

14時24分:国道7号線を走ります。気味の悪い黒雲の下に入っていきました。雨と風が強まってきました。道路標識は暴風雪・波浪警報が出ています。時々風に車が揺れています。

14時29分、立岩を通りますが午前中とは一変しています。運転は慎重にしなくてはと気を引き締めます。撮影日2015.03.10

14時32分:大鳥神社を通ります、温海に入りましたが気味の悪い黒い雲が頭上を覆います。往路とは別の風景が広がっています。

新潟に入ってからは日本海東北道に乗りますがスピードは控えて走りました。一車線部分では地元の車が接近してきますが、安全第一と言い聞かせて気にしないことにしました。新潟市内に近付いてから磐越道に入ります。

15時1分:周りの景色に雪が多くなります。 16時46分:路面に積雪が見られるようになりました。黒い雲の中に入って行くようです。

16時30分・磐越道阿賀野川を渡りました。この後会津坂下辺りから吹雪になりのろのろ運転が続きます。前方の車のテール・ランプを頼りに時々途切れる視界の中かなり必死で走りました。

磐梯熱海を過ぎると嘘のように雪がやんできます。郡山から東北道に出ると、雨がぱらつきますが、全く普通の天候となりました。村に帰ってテレビを見ていると磐越道が吹雪で交通止めになっていました。間一髪で間にあったのだと、その好運に感謝しました。撮影日2015.03.10

3月11日午前5時17分、県境の村にも雪が降ったようです。今日から仕事です。気合を入れて帰路に付きました。7時過ぎに村を出て街へと戻ります。

今回は悪天候に見舞われましたが、芭蕉の縁の場所は殆ど計画通り回る事が出来た上、藤沢周平記念館も見ることが叶いました。充実した旅であったと、ずっしりと重くなった旅先でのあれこれの思い出を反芻しているところです。暮らす街からは 都合1,087kmの旅でした。撮影日2015.03.11

 
10/12/2015
トップ・ページに戻る
Copyright (C) Oct. 10,2007 Oozora.All Right Reserved. 10/12/2015 更新
本日カウント数-
昨日カウント数-