イカリソウ

村の花好きの方からイカリソウの赤と黄色をいただきました。従来の白と桃色に加えて赤と黄色が加わり4色のイカリソウが咲いています。一般的な白と桃色は花付が良いのですが、黄色と赤は花が少なく旺盛に茂る葉の中に埋もれています。この2色は撮影がままなりません。

 

冬枯れのような葉っぱの間からイカリソウの花が咲き出していました。直立した茎の先に優雅な花を咲かせています。

黄色とピンクの二色のイカリソウを見つけました。あちらこちらに植えたので見つけるのに苦労しています。まさに花弁を開かせたばかりの花弁の色は最も美しいと思っています。2019.04.23

葉はまだハッキリした色になっていませんが優雅な姿の花がまず咲き出しました。2019.04.23
2017.04.26データ

今年の天候はやはり例年より冬が長いようです。イカリソウはやっと蕾を開きだしたばかりのようです。

葉っぱも未だ冬の色です。それでも可憐な花の蕾はとりわけ色と形が美しく感じます。2017.04.26

通常、もっと強い赤が鮮烈な印象なのですが、柔らかなピンク色の蕾の状態です。2017.04.26

葉の色が未だ冬の状態なのが分かります。最も夜になると石油ストーブを付けるほどなのですからまだまだ厳しい自然なのだと思い知りました。

これこそが、高原の村の花が澄んだ色に見える原因だと何時も自分流のこだわりを持っています。次回の訪問まで花が咲いていることをお願いしました。2017.04.26

 

2014.04.22データ
花弁の付き方が愛らしいイカリソウが見頃を迎えました。あの2月の雪の下で冬を耐えた花の色が澄んでいます。自らの生命力だけで生きている花の純潔の色です。枯草が絡まりその姿の全てを表していませんが、雑草も彼らの仲間です、この程度ならそっとしておくことにします。
花弁は1センチにも満たない小さなものです。草丈も20〜30センチ、地面に膝を付いてすれすれにカメラを向けても撮影が困難です。三脚を使用するのを好まないのでうまく写すことができません。お許しください。
黄色のイカリソウはクリスマス・ローズの群落の間に入ってしまいました。イカリソウのせいではなく、クリスマス・リーズがそのテリトリーを拡大するせいなのです。大きな葉に遮られて花を写す位置にカメラを持って行くことが困難です。2014.04.22

↑↑白のイカリソウは最も旺盛に花をつけるのですが今年の春はまだ数個咲いただけでした。赤・黄色・白と3色のイカリソウが無事雪の下から元気な花を咲かせた姿を見るのは、私にやるぞと力を与えてくれる嬉しい春の出来事です。

←黄色のイカリソウ2014.04.22

2010.05.10データ
桃色のイカリソウは花付が良好です。よくよく見ると控えめに咲く可憐な花、好ましい印象です。
白のイカリソウ、最もポピュラーな色で、大変旺盛にテリトリーを広げます。風に揺れています。
赤いイカリソウ、葉っぱに赤い縞が入っているので識別は容易です。葉は旺盛に茂るのですが、花は少なく中に潜って咲いています。
黄色のイカリソウ、葉の旺盛さに花が埋もれています。中をかき分けて撮影しました。
2010年5月10日データ
イカリソウ黄色

新しく知った村の花好きの人の庭を見せて頂いてイカリソウには色々の種類があることを知りました。とにかく土地が広く丘陵地帯の一部を植物園のように種種雑多の花々で埋められています。可憐な花なら何でも見てみたいと言うその気持ちが現れているようです。

 

イカリソウ赤

イカリソウの赤と黄色を分けていただきました。吾が庭にある赤というものよりかなり鮮明な赤です。少し丈夫過ぎるのが難点ですが押さえた咲き方に野草の風情が感じられるのです。

当方からはお返しにクリスマスローズの白とカンアオイ、イチリンソウをお持ちしたのです。何とも風流な交換でした。2010.05.10

以前の記録

イカリソウの満開の時に村を訪れました。偶然赤のイカリソウを見つけて首をひねりました。私の記憶に残っていないのです。イカリソウは純白の姿ばかりが思い浮かんできます。咲く時期に村にいなかったからだけかもしれませんが、この日は思わない幸運を見つけたような気分になりました。

赤花イカリソウの群落もかなり広いので、確かに咲いていれば見つけたと思うのです。ちょっとした時期の不都合で今まで見る事がなかったのでしょう。

白のイカリソウはあいも変わらず清楚な姿です。年々私の好みが飾り気の少ない簡素な美しさを持つ草木に惹かれるようになりました。多分心の許容範囲が狭くなったのではと危惧しています。2009.04.28

   

高さが20cmほどになります。知り合いの家から分けてもらったもので石の脇などに植え込んでいますが、かなり元気に繁茂しています。いまでは庭のあちらこちらの石の脇に植え分けられています。

聞けば漢方薬になるとか。花の形は確かに開きだすと名前の通り錨の形になるのです。碇型の花はとても可憐ですが、葉っぱの形と色合いが良いと思います。

私の好みにあった野草の類の花です。このような密かに咲く花を好みます。何度も落ち着いて見ていると、美しさが柔らかく胸にしみ込んでくるのです。2008.4.19

本日カウント数-
昨日カウント数-
07/25/2019

Copyright (C) Oct. 10,2007 Oozora.All Right Reserved.