2021年新雪の那須岳姥ケ平の紅葉①   ②へ 
新雪に覆われた那須茶臼岳を横切る登山道の先に噴煙がたなびいています 2021.10.18 ()無断転載
①往路・駐車場⇒無間地獄  ②往路・無間地獄⇒姥が平    ③復路・姥が平⇒駐車場

⇐アルバムをご覧ください・全52枚。

画像をクリックすると掲載ページのアルバム画像がご覧いただけます。スライド・ショーもご覧になれます。2021.10.18

動画アルバム・全10編:新雪の山と紅葉、加えて那須岳の噴煙が登山道の直ぐ近くで青空に向かって変幻自在の姿を見せてくれます。これらが所謂観光用の自然とは異なるほぼ無垢な姿で見られる事が素晴らしいと思いました。この動的な自然の姿を動画に収めました。2021.10.18

街の暮らしが多忙で那須岳姥が平の季節が終わるのではないかと気が気でなりません。やっと時間が取れたので10月17日の夜県境の村にやってきました。標高400mの辺りの村の風景は未だ紅葉が始まってはいません、一安心ですが、厳しい寒さに身震いがします。

翌朝、駐車場が大混雑して車が停められない恐れが高いので那須の裏道を抜けて午前5時5分、まさに夜が明ける頃に峯の茶屋駐車場に到着。既に6~7割がたのスペースが埋まった駐車場に車を停める事が出来ました。

2台のカメラを使用している為に記載された時刻は実際と若干の差がありますので、参考程度にご覧ください。2021.10.18

山の花一覧・高山植物一覧 土手の野の花一覧  県境の村の花と木 

那須連山のページ
2021年10月18日・新雪の姥ケ平  2021年7月・朝日岳の花 
2020年晩夏の三本槍岳の野の花  2020年10月12日紅葉する雨の姥ケ平  
2019年姥平の紅葉、観音沼の紅葉 朝日岳登山道に咲くイワシャジン
台風18号の朝日岳朝日に輝く朝日岳 2014年・紅葉の那須・日の出平から姥ケ平①日の出平登り②下り姥ケ平
残雪の朝日岳1896メートルと那須岳1915メートル 濃霧の那須・朝日岳のイワシャジン
赤面山から三本槍岳1916m往復 朝日岳1896から三本槍岳1916mの紅葉 

  スライドショー・一覧表
那須朝日岳頂上・1,896m

5:13分、車の外に出ると強風が吹きつけます。寒さも厳しくこれは防寒を確りと固めて登らないといけないとシャッターを押して車に戻る事にしました。

普通のコンデションがならこの時間から登り出して人の少ない時間に風景を眺めながらカメラのシャッターを押すのですが、今日は諦めて太陽が出るの待つことにしました。

2021.10.18

6時:多少の寒さと強風以外に天候には問題がないので上下のレイン・ウエアーを着込んで出発します。

朝日岳は新雪で薄っすらと白く染まっていました。2021.10.18

明るくなったので登り出す人が多くなりました。人の姿が写らないように少し通りすぎるのを待ちながらゆっくりと登り出しました。入り口の狛犬にも少し雪が残っていました。

2021.10.18

登山道のこの辺りでは少し紅葉も見られます。ガマズミと思われる真っ赤な赤い実が陽の光にキラキラと輝かせています。2021.10.18

坂道を登りながら空を見上げるとガマズミの赤い実が青い天空の背景に輝いていました。2021.10.18

少しの登りで森林限界を抜け出ます。樹林の中の登山道では強い風も防げますが森林限界を抜けると冷たい風が吹きつける事でしょう。2021.10.18

 

森林限界を抜けると美しい朝日岳が眼前に尖った山頂を見せてくれます。残念ながら今年の紅葉は終わり、季節は既に落葉の時を迎えたようです。これで、姥が平の紅葉も終わっていると思いました。

昨夜来の新雪が山を覆っていました。紅葉の代わりに新雪に彩られた山を見ながら歩く事になりそうです。2021.10.18

朝日岳の山襞には所々雪が積もって白く染まっていました。2021.10.18

登山道の左手には新雪に覆われた広大な那須茶臼岳の斜面が広がっています。右には朝日岳、左には茶臼岳の風景を楽しみながらゆっくりと登ります。2021.10.18

此処まで登ってくると太陽の光が辺りを照らし風も弱まったようで快適な新雪の道を歩きます。稜線まで登ってから茶臼岳の雪の斜面の裏側にこれから向かいま。2021.10.18

登山道は薄く雪で覆われているので時々滑りますが靴底には固い岩の代わりに心地良い柔らかな雪の感触が伝わってきます。2021.10.18

6.46:景色を見てはカメラを構えて何度もシャッターを押しながらゆっくりと稜線の峯の茶屋避難小屋まで登ってきました。かなりの人が休憩をしています、そして多くの登山者の人達は朝日岳に向かっていきました。

私は立ち止まる事も無く左茶臼岳方向に稜線を進みます。2021.10.18

避難小屋を通り過ぎながら、今登って来た茶臼岳の山腹を緩やかに登ってきた登山道を見下ろしています。2021.10.18

尖った頂の朝日岳方面に向かう山の斜面も新雪に覆われています。美しい朝日岳の景色を堪能しました。2021.10.18
姥が平を目指して茶臼岳方向に向かって進んで行きます。後振り返ると美しい朝日岳が新雪を被った姿で望まれます。2021.10.18

右手には昔登った会津駒ケ岳から続く中門岳三岩岳と思われる山並みが白い雪を被って連なっています。2021.10.18

途中から那須茶臼岳から別れて山腹を横切りながら姥が平を目指します。新雪の積もる山腹をトラバースする登山道が望まれます。2021.10.18

南月山方向に続く道を進みます。山蔭の道なのでかなり新雪が見られます。2021.10.18

紅葉が既に落ちた木の枝が樹氷に成って雪と氷が取り付き薄くしい姿を見せてくれます。2021.10.18

後を振り返ると歩いて来た登山道の先に美しい朝日岳が姿を見せてくれます。2021.10.18

登山道の下に小さな姥が平にあるひょうたん池の細長い水面が小さく見えます。紅葉の頃なら辺り一面が紅葉の原になるのですが、既にその季節が過ぎた事を知らせてくれます。2021.10.18

那須岳の噴煙が時折風になびいています。山蔭なのか強風が弱まってきました。これから恐ろし気な無間地獄と呼ばれる噴煙の下を通りながら牛ヶ首の峠に向かう事にします。2021.10.18

思っていない新雪の那須岳の風景を楽しむ事ができました。所々で紅葉も見られましたが、姥ケ平の豪華な紅葉は終わったようです。②では牛ヶ首から姥ケ平に下り少し残された紅葉を楽しむ事にします。近日掲載の②に続く。2021.10.18

10/27/2021
本日カウント数-
昨日カウント数-
Copyright (C) Oct. 10,2007 Oozora.All Right Reserved. 10/27/2021 更新   ()転載