土手のジョギング・隅田川・浅草までB  @へ  A
10:50・隅田川沿いの汐入公園の桜の花の間からスカイツリーが見えます

隅田川浅草マップ

2月終わりの強風の中で無理をしたせいか、3月に入り膝・腰・大腿が痛くなり暫くジョギングを休まざるを得なくなりました。お医者さんからの運動の許可が出て3回程土手をジョギングしただけで隅田川の桜の季節を迎える事になりました。随分迷ったのですが、今回は無理をしない事を最大の目的として隅田川入り口の水門から海までと約10km程距離を短くしてスタートしました。結局浅草近くで今回の傷みと関連の無い左の膝が若干痛くなり、大事をとって浅草でジョギングを切り上げる事にしました。お陰で帰宅後現在まで格別傷みも感じないので良い決断だと今では自画自賛しているところです。散策等の距離を入れて約20km程をジョギングし歩いた事になりました。

最後の墨堤の桜を除いて、地元の方が散策に訪れながら桜を見ると言う静かな場所に咲く花を見ながらのジョギングは、何時もながらどんな些細な事でも心に残る密度の高いものとなりました。大きな思い出が心に残る細やかな出来事を一つやり遂げる事ができました。2024.04.08

2024年4月8日・隅田川ジョギング・浅草までの画像アルバム

2024年4月8日・隅田川・浅草まで・・の掲載画像アルバムは左記の画像をクリックしてご覧いただけます。スライド等の設定やサウンド付きの設定も可能です。

2024.04.08

 

隅田川のジョギング掲載リスト
◎中仙道から隅田川のジョギング掲載リスト
2024年4月8日・隅田川を浅草まで @ A B
2022年3月28日中仙道から海まで @ A B
2021年3月29日中仙道から海まで @ A B C D
2020年3月16日中仙道から海まで @ A B
2019年4月1日中仙道から深川まで @ A
2018年3月27日中仙道から海まで・桜巡り @ A B C
2017年3月28日中仙道から浅草 @ A B
@深川まで @T A深川まで AU  B海まで @T C海まで AU
2015年3月30日◎荒川のジョギング 中仙道から海まで
@  A  B

隅田川を中山道から海までのジョギングのの掲載リストです。体調不良で途中で中断したジョギングも掲載いたしております。

2024.04.08

千住大踏切通り桜並木

10:12・荒川の土手下に毎年桜の季節に訪れる馴染みの大踏切通りの桜並木が見えてきました。荒川の土手を下りて隅田川に向かう事にします。此処から汐入公園辺りまではジョギングを止めて歩く事にしています。

土手下から旭町交番辺りまでの約400m程の間の通りの両側に植えられた桜並木が少し花びらを散らせていました。時折道路を横切って桜の具合を見ている数人の人達の姿が見えるだけです。静かに思う存分桜の花の中を散策できる好みの春の風景です。

2024.04.08

私も時折道路を横切りながら美しい景色を探してゆっくりと歩きました。千住まで来るとほぼ海までの道の残された距離が何とかなりそうな前向きな気持ちになります。緊張が少しとけたようです。

2024.04.08

 

好みのままに満開の桜をのんびり見ながら歩く暫しの間ですが至福の時を大いに堪能する事が出来ました。。


2024.04.08

10:19・通り過ぎてきた桜並木を振り返って来年の再会を心の中で願いしました。旭町交番を左折して踏切へと向かいます。

2024.04.08

10:23・電車が右方向の千住駅に向かって進んでいきました。踏切を渡ると墨堤通りです。墨堤通りの汐入大橋からの道との交差点のセブンイレブンでカルピス・ウオーターを買う事にしました

2024.04.08

10:36・カルピスウォーターで喉を潤しながら海までの行程の一つの区切りのスカツリーの風景を暫しの間眺めました。

土手のジョギングでは折り返し点に向かう折のランドマークとなる馴染みの姿を目に前にしている事は大きな満足感を感じます。

2024.04.08

10:37・鐘ヶ淵で大きく隅田川が湾曲して広がる水面の先にスカイツリーが空を突きさすように立つ姿が見られる汐入大橋は私の好みの場所の一つです。

2024.04.08

10:41・隅田川右岸にある汐入公園はかなりの地元の人らしい人の姿が目にはいります。土手の斜面には白いニラ花が小さな群落を作りながら咲いていました。此処から海までは快適なスカイツリーを目印に辿って行くことが出来るので道探しの苦労はなくなります。

2024.04.08

汐入公園

10:43・汐入大橋で隅田川右岸に渡ると汐入公園があります。公園の白いユキヤナギが満開でした。ユキヤナギの咲く先に立つスカイツリーが隅田川の水面と組み合わせれた美しい東京の風景を見せてくれます。

2024.04.08

10:44・今は引き潮の時間のようで隅田川右岸の川底が現れていました。シラサギと思われる(違っているかもしれませんが)数羽の鳥が水際で餌を啄ばんでいました。

2024.04.08

公園にはかなりの桜の木が植えられているので今が最も美しい水辺の風景が楽しめる気札かもしれません。

2024.04.08

10:50・桜の背景は隅田川とスカイツリー、申し分のない背景の中に桜が満開の時を迎えていました。

2024.04.08

小さな桜並木が作る花の枝の間からもスカイツリー、何とも贅沢な春の風景を見せてくれます。

2024.04.08

10:52・隅田川に掛かる水神の橋、右岸から左岸に渡ると鐘ヶ淵駅に向かいます。人影が少なくなったので隅田川テラスに降りてジョギングを始める事にします。

2024.04.08

隅田川に降りる土手の斜面に青いニラ花が咲いていました。いささか贅沢な悩みですが、満開の桜を見続けた目には異種の花の姿が少しは目の疲れを癒してくれるようです。

2024.04.08

隅田川テラスをジョギングしながら土手の桜並木を眺めています。汐入公園から離れたこの辺りまで来ると人影が少なくなります。

2024.04.08

10:54・スカイツリーの姿がますますその大きさを増してきました。構造物の細部の仕組みも少し見えるようです。左岸の向島の街の上が首都高速で塞がれているように見えるは残念です。

 

2024.04.08

大きく川幅を広げる隅田川に掛かる趣のある白髭橋が見えてきました。右岸方向に続く道は三ノ輪方向に向かっています。たけくらべや吉原の物語の舞台に近い私の好みの町です。

 

2024.04.08

10:59・隅田川テラスが小さな入り江にぶつかり行き止まりとなります。一旦土手上の道に出る事にしました。汐入公園方向を振り返えります、公園から桜並木が続いていました。

 

2024.04.08

隅田川の小さな入り江に掛かる橋を渡りながら道路の反対側の桜並木を眺めてみました。入り江に続く斜面にかなり広い範囲に満開の桜の姿が目に入ります。

今回は時間が無いので道路を渡らずに川沿いの道を進みました。

2024.04.08

入り江に掛かる橋げたに瑞光橋の標識が見えました。

2024.04.08

瑞光橋の上から入江と隅田川を眺めてみると隅田川テラスが行き止まりとなる入り江に少し前に汐入公園の前で見たシラサギではないかと思える白い鳥が餌を啄んでいました。

2024.04.08

11:02・土手上の道をゆっくり隅田川の景色を楽しみながら白髭橋を目指します。

2024.04.08

11:39・白髭橋までジョギングしていると何か今まで問題の無かった左ひざに違和感を感じてきました。

何時も昼食をとる桜橋手前の隅田川テラスで昼食をとりながら様子ウィ見る事にしました。

大きな石の椅子がある川城に座って昼食をとります。テラスの植栽が続く中に可憐なマツバウンランが群落を作って沢山咲いていました。又目を休めてくれる可憐な花を見る事が出来ました。

2024.04.08

あちらこちらの植栽の隙間にかなり大きな群落を作ってまさにこれから花を咲かせようとしています。その中の幾つかのマツバウンランが澄んだ薄紫の花びらを開かせていました。

食事の後、長い石のベンチに横になって左足の様子を見ていますがそれ程の痛みも無いので取りあえず桜橋までジョギングで行ってみる事にしました。

2024.04.08

11:54・スカイツリーがますます近づいてきました。スカイツリーの前には桜色に染まった墨堤の桜並木が見えてきました。

2024.04.08

11:55・桜橋に到着、此処からは桜橋を左岸に渡りますが暫くは人通りが多くなるのでジョギングを止めて歩く事にしました。

2024.04.08

桜橋で墨堤の桜とスカイツリー方向の左岸に渡る事にして石段を登って土手の上に向かいました。土手から上流の白髭橋方向を見ると桜並木が見えます。

2024.04.08

12:01・桜橋を右岸の浅草方向から左岸の向島方向にわたります。橋の下流、左岸にスカイツリーがほぼ目の前に見えてきました。

墨堤の桜は満開の時が過ぎたようでライトなどの後片付けが行われていました。

2024.04.08

桜橋から隅田川下流方向を眺めています。言問橋がみえます。

2024.04.08

左岸の墨堤の桜並木の下には未だかなりの人波が見られるので私は隅田川テラスに降りて浅草方向に進むことにしました。

2024.04.08

12:05・墨堤の桜並木の道を多くの人が歩いている姿が見えますが隅田川岸のテラスは殆ど人通りはありません。桜並木を下から眺めながら隅田川の川面が身近に感じられる快適な道を浅草方向に向かいます。

 

2024.04.08

12:06・隅田川テラスから墨堤の桜並木を見上げてみると桜の花の間からスカイツリーがその頂を見せてくれていました。

2024.04.08

一歩進むごとにスカイツリーの姿がその都度大きな変化を見せてくれます。

2024.04.08

12:08言問橋がはっきりと見えてきました。対岸の浅草の桜も満開のようです。

2024.04.08

近隣の人達には必ずしも歓迎される鳥ではないようですが、隅田川テラスのフェンスの上にカモメが並んで羽根を休めていました。隅田川に掛かる言問橋が目の前です。

どうも左足の調子が今一つ改善しないのでベンチに座って休憩をとります。ここまで来れば海まではそれほど遠くはないのですが、今回は慎重に行動を考える事にして、電車に乗れる浅草で中止する事にしました。

2024.04.08

浅草で今日のジョギングを止めると決めて少し緊張が和らいだようです。満開の桜の花とスカイツリーを見上げる気分が穏やかになりました。後ろを振り返れば広い隅田川の水面、東京では珍しい広大な町の姿が広がっています。

2024.04.08

12:13・隅田川テラスが源森川水門で一旦途切れて行き止まりになります。そこから石段で墨堤に登ることになります。

2024.04.08

目にする今年最後の隅田川の桜の姿をカメラに収めながら石段を登ります。

墨堤の上はかなりの人混みで此処までのんびりジョギングを楽しんできた隅田川の様子が一変しました。のんびり桜を見ながらの散策は難しくなりました。

2024.04.08

12:27・今回のジョギングの旅の最後の記念に桜の花を見上げてみました。来年も再会できることが出来ればと心に念じました。

2024.04.08

12:31・沢山の人の波に混ざって源森川に沿った観光用の橋に向かいます。その”すみだリバーウォーク”を渡りながら隅田川下流の風景に別れを告げます。そして再度の再会を願いました。

 

2024.04.08

12:32・隅田川に掛かる狭い橋は多くの人が行き来していました。

隅田川下流には吾妻橋が見えます、その後ろには美しいアーチの駒形橋も見えます。例年、吾妻橋から隅田川テラスに降りて月島まで快適な道をジョギングを楽しみながら進んでいたことを懐かしく思い出しました。

 

2024.04.08

今回のジョギングは残念ながら浅草で断念することにして地下鉄銀座線浅草駅に向かいます。橋を渡って浅草の通りに出ると人の波に圧倒されます。まさにカオスのように人が道を右往左往しながら行き来しています。浅草までは滅多に来ませんでしたが、日本橋・京橋・銀座と品の良い駅が続く地下鉄銀座線の印象が強く残って残っています。今回帰宅の折に浅草から乗車した銀座線車内でも混乱する町の様子が続くのを目にして驚かされました。

今回は無理をしないで思い切って浅草で諦めた事が、家に帰って落ち着いてみると良い決断だったと思えてきました。帰宅後一日寝ただけで左膝の違和感は感じられなくなりました。来春の隅田川のジョギングを楽しみにしながら待つことにしました。

2024.04.08

07/10/2024  
@へ @へ @へ
隅田川・浅草までのジョギングB
Copyright (C) Oct. 10,2007 Oozora.All Right Reserved.
本日カウント数-
昨日カウント数-