土手のジョギング№30・墨田川を中山道から海まで② ①へ ③へ ④へ ⑤へ
8時26分・東京都北区・岩淵水門の桜の花弁の中での朝食2021.03.29 ()無断転載

◎中仙道から隅田川のジョギング 一覧

2021年3月29日中仙道から海まで     
2020年3月16日中仙道から海まで   
2019年4月1日中仙道から深川まで  
2018年3月27日中仙道から海まで・桜巡り    
2017年3月28日中仙道から浅草   
①深川まで ①Ⅰ ②深川まで ②Ⅱ  ③海まで ①Ⅰ ④海まで ②Ⅱ
2015年3月30日◎荒川のジョギング 中仙道から海まで
    

ご存知のように隅田川は秩父山系を源流とする荒川の下流部をそう読んでいます。江戸時代は大川、浅草川等と町によってその呼び名が変わっていたようです。現在は、荒川は東側に荒川放水路が掘削され、隅田川との分岐点の東京北区には岩淵水門が出来ています。実態は荒川の下流部が隅田川ですが、現在では岩淵水門から下流部を隅田川(江戸時代は鐘ヶ淵から下流部が一般的だったと思われますが)と一般的に呼んでいるようです。荒川に掛かる中山道(現在17号国道)戸田橋から荒川の土手を経て隅田川の川岸をジョギングしながら海に流れ出す月島突端の埠頭まで辿る事にしました。全行程は、あちらこちらを見る物見遊山のジョギングなので約30km程度ではないかと推測しています(結果的には約36km程になりました)。

グーグル・マップをご参照ください。は出発点と到着地点を表示しています。又それぞれ②、③、④、⑤が掲載された場所です。場所名の後の数字は時間を表示しています。2021.03.29

隅田川を中山道から海まで掲載一覧・出発地・埼京線・戸田公園駅⇒到着地・月島・埠頭
①掲載分 出発地・埼京線・戸田公園駅⇒戸田桜堤6:55戸田橋・中山道中山道戸田の渡しの碑浮間2丁目桜並木赤羽桜堤
②掲載分

赤羽桜堤岩淵水門隅田川

③掲載分 新神谷橋宮城ゆうゆう公園尾久橋千住大踏切通りの桜並木
④掲載分 千住大踏切通りの桜並木⇒汐入大橋⇒水神橋白髭橋桜橋と墨堤の桜吾妻橋
⑤掲載分 駒形橋厩橋蔵前橋新大橋萬年橋清州橋相生橋月島・豊海水産埠頭
赤羽桜堤・8:09
赤羽桜堤・8:09・芝桜が一面に咲く土手の階段を登ります。土手の上は桜並木が続きます。2021.03.29

赤羽桜堤・8:10・土手に登ると右に桜並木、左には一面の芝桜と目一杯に花の景色が広がります。進行方向の先には新荒川大橋が見えます。都内に入る車の列が続いていました。桜を写している人が数人見られるのでジョギングを止めて歩きながら並木の中を歩く事にします。

2021.03.29

左に隅田川の上流部にあたる荒川が流れ右にはこの下流で隅田川に合流する新河岸川が流れている細長い島のような土手に咲く桜です。2021.03.29

2~3人のカメラを持った、それもかなりの若者がシャッターを押していました。今まで、散歩する地元の人の姿は見られましたが、わざわざ写真を撮るために訪れる人を目にしたのは珍しい事です。2021.03.29
左右を桜の並木で囲まれた曲がりくねった道を進みます。まだまだ残された行程は長いのですが、落ちる桜の花弁に緊張がゆるんだようです。2021.03.29

桜は既に散り出していました。時折ハラハラと舞う花弁が顔をなぜて行きました。2021.03.29

桜並木の道筋は私の苦手な逆光で桜の色合いが上手く写せません。2021.03.29

これから新荒川大橋の橋桁を潜り岩淵水門に向かいます。進行方向右手の新河岸川の土手を下り、通り過ぎて来た桜並木を横から見る事にします。桜並木の先には潜り抜けて来た荒川に掛かる鉄橋が見えます。左方向が東京駅方面になります。2021.03.29

 

岩淵水門
岩淵水門8:19・新荒川大橋の橋げたの下を潜って更に土手を進むと岩淵水門が見えてきました。桜並木が続きます。2021.03.29
8:20・明るい桜並木は華やかさが増して見えました。今潜ってきた新荒川大橋を振り返ってみます、いそがしく働く人の車の列が見られました。2021.03.29
8:20・進行方向の左側は隅田川上流部の荒川の川面がが大きく広がっています。荒川は岩淵水門で右に本来の隅田川と左の掘削された荒川放水路(荒川)に分かれます。2021.03.29
8:26・旧岩淵水門前の桜の木の下で朝食にします。桜の枝が地面近くまで伸びて私の顔を撫でてくれるお気に入りの場所なのです。2021.03.29
8:47・おにぎりを口に入れ乍ら座り込んだ桜の木を眺めています。右側には小さな橋が架かっています、旧岩淵水門の跡が見られるようですが次回にすることにしました。2021.03.29
8:58・持参のおにぎり3個の朝食が終わりました。出発前にお気に入りの桜の木をカメラに納める事にします。2021.03.29
9:02・岩淵水門にやってきました。隅田川の川面にスカイツリーが映り込んでいました。右から新河岸川が合流してきます。2021.03.29

 

9:04・水門では休憩している人が居たのでシャッターを押しませんでした。少し通り過ぎてから水門を写しました。2021.03.29

7:43・左に広大な荒川放水路の河原が広がりを見せています。スカイツリーは見る場所でそれぞれ違った風景を生み出してくれています。土手の右は隅田川です。2021.03.29

9:08・海まで20kmの案内板”荒川之下流三十景・岩淵の景”と書かれていました。比較的真っ直ぐ流れる荒川放水路ですが、20kmの起点・0mのポイントはかなり海から遡ったところにあります。多分曲がりくねった隅田川、行き止まりを迂回したり、風景を訪ねたりして月島の先端までは未だ約25km程あるのではと思われます。2021.03.29

隅田川

隅田川・9:08・左の荒川から目を右に転じると隅田川です。通り過ぎてきた岩淵水門を振り返ってみました。左から(右岸)新河岸川が合流しています。2021.03.29

隅田川分岐点・9:12・ここからまっすぐ海へと進む荒川の土手から分かれて右の隅田川沿いの道をジョギングする事になります。いずれ行き止まりにぶち当たりこの荒川の土手を走る事になります。暫しのお別れです。

隅田川を左岸から右岸へと作業船が小さな波を立てて渡って行きました。2021.03.29

此処までは土手の一本道をストレスなくペースを守りながらジョギングが出来ましたが、ここから千住までの間は隅田川沿いの道が時折行き止まりになります。道路を横切って進んだり荒川の土手に登ったりとペースが一定しない行程になります。2021.03.29
04/14/2021

土手のジョギング№30・②    

 
本日カウント数-
昨日カウント数-
Copyright (C) Oct. 10,2007 Oozora.All Right Reserved. 04/14/2021 更新   ()転載