土手のジョギング№29・土手のジョギングと野の花と
墨田川のウオーキング③
  
菜の花の土手 彼岸花の土手のジョギング① 
墨田稲荷神社獅子山・阿像・昭和七年(1932年) ()無断転載
 県境の村の花と木土手の野の花一覧 

緊急事態宣言が解除されたこともあり家人が日暮里の繊維街で手芸用品を買うというので、それならと、昨日ジョギングをした土手続きの隅田川の散策に出かけて見る事にしました。隅田川の水面と墨堤の桜とスカイツリーを一度に楽しめる場所です。それにこの辺りは地元の方が多くそれ程人出が多くない事もあります。

隅田川の風景を見ながら久し振りに、江戸の物語に登場する隅田川七福神の一つ、多門寺とその近くの墨田稲荷神社を詣でる事にしました。共に街の中にある温かみのある場所です。勿論何処も人混みする事はありませんでした。2021.03.22

京成電車で京成・日暮里駅から5つ目の京成関屋駅で降ります。隅田川は目の前です。個人的には隅田川の幾つかの美しい風景の一つだと思っている汐入大橋にやって来ました。例年の海までのジョギングの折の恒例である墨堤通りの交差点のセブンイレブンでアイスクリームを買い込みました。

同行の家人は、初めて目にする隅田川が大きく蛇行する鐘ヶ淵の広い水面と聳え立つスカイツリーの組み合わせに感嘆していました。

私達は汐入大橋からの景色を堪能しながら左岸から右岸へと渡りました。右岸に見える汐入公園で昼食をとることにしました。2021.03.22

近隣の家族ずれの人達が遊んでいる静かな公園です、早咲きの桜は既に散り出していました。ソメイヨシノと思われる桜が満開です。

桜の木の下に新聞紙を敷いて座ります。晴天の下、何処からもスカイツリーが眼前に聳えています。馴染んだ土手のジョギングでは常に彼方に遠望する小さなスカイツリーが、今はほぼ目の前にそそり立つ風景を前にする満足感に包まれながらのんびりと昼ご飯を楽しみました。2021.03.22

白い花の桜の花房の先にスカイツリー、汐入大橋から、水神橋、白髭橋、桜橋と三つの橋まで下るとスカイツリーが見上げるようにそそり立っていますが、今日は水神橋を右岸から左岸に渡る事にします。江戸時代には隅田村と呼ばれた場所を歩く事にします。2021.03.22

昼食後、水神橋を渡ります。久し振りに歩く水神橋はすっかり綺麗になっていました。橋から見る隅田川の川面とそそり立つスカイツリーが見ものです。2021.03.22

橋を渡ると墨堤通りとの交差点に出ます、通りがかった高校生の人に道を確認すると直進すると東武伊勢崎線の鐘ヶ淵駅にでると教えてくれました。

隅田川の川岸には高層の大きな団地らしき建物が林立していました。江戸の物語が霧散するような無機質な風景が広がっていました。道端のハナモモと思われる赤い花もただ花を咲かせただけの何処か手持ち無沙汰な風情に見えます。2021.03.22

隅田稲荷神社