bR3・那須の狛犬 そのV・Eさくら市 @ A B C D 

さくら市馬場・今宮神社狛犬・明治44年(1911年)・”宇都宮・石治 工”銘(禁)無断転載

狛犬を訪ねての冬休みの狛犬巡りの”bR1・那須の狛犬そのT”は@ A B C で2019年の神社と狛犬を訪ねる旅の終わりを迎えました。新年に入ってから、初詣の煩雑が過ぎた2020年1月2日・冬休みの狛犬巡り”bR2・那須の狛犬そのU”として更に那須から南に道を辿りました。@ A B C D E で13の神社を参拝しそれぞれの神社で独特の狛犬を訪ねました。

1月4日、味をしめて那須の狛犬Vとして、Uで訪ねた神社より北寄りの町を訪ねる事にしました。2020.01.04

2019年冬季休暇の神社と狛犬巡り・V

令和2年1月3日、好天の続く令和2年の新年、県境の村の庭の木にジョウビタキが訪れます(鳥の名前はサイトの読者の方が教えてくれました)。余り鳥を撮る事が無いのですがカメラのテストに窓のガラス越しにシャッターを押してみました。素早く枝から枝へと飛び移る姿を写すのは難しい事でした。やっと一枚だけ姿が分かるものが撮れました。

明日、1月4日は再度那須の神社を巡る事にしています。小鳥の訪問は吉兆の印かもしれません。

(T)2019年12月30日:この厳寒の季節の楽しみに最適な那須周辺の神社巡りを気の向くままに楽しんでみようと思っています。多くが暮らす人々が神々を祀る為に建てた清冽な那須野が原の神社を詣でてその地に奉納された狛犬に出会うことは大きな楽しみです。もしかしたらその土地の神社を護る氏子の方々に出会うことが出来るかもしれません。そして那須野が原の多くの神社からは雪を戴いた山の姿が目の前に広がっています。那須の狛犬巡りはT(2019年12月30日)・U(2020年1月2日)・V(2020年1月4日)と3日間続きました。

(W):暮らす街への帰路、前回の旅で日本の懐かしい景色に出会った久慈川流域の東白川郡を通り袋田の滝を見ながら茨城県大子町の社を訪ねました。

街を出てからの走行距離は合計1,100km、気づかないうちにかなりの距離を走っていたようです。2020.01.04

 
2019年12月・2020年1月冬季休暇の狛犬巡り一覧
T(bR1) 12月30日@〜C・大田原市 @大田原神社⇒A上奥沢・温泉神社⇒A大豆田・温泉神社⇒B佐良土・温泉神社⇒B佐良土・法輪寺⇒C飯繩山神社⇒C稲沢・温泉神社
U(bR2) 1月2日 @宇都宮市・三祖神社⇒A刈沼町・星宮神社 ⇒A智賀都神社⇒A金井神社⇒B神明宮⇒B出雲神社⇒C那須烏山市福岡・星宮神社⇒ C那須烏山市鴻野山・星宮神社⇒D高根沢町伏久・星宮神社⇒ Dさくら市狹間田・神社名不明⇒Eさくら市狹間田・星宮神社⇒Eさくら市柿木澤・星宮神社⇒Eさくら市・今宮神社
V(bR3) 1月4日 @那須塩原市箒根神社⇒@那須塩原市八坂神社⇒A矢板市・塩竈神社⇒A矢板市・剣神社⇒B矢板市・木幡神社⇒Bさくら市(以下全てさくら市)・鷲宮神社⇒C松島・星宮神社⇒C箱森新田・今宮神社⇒D人丸神社⇒D八幡宮⇒E馬馬・今宮神社⇒E長久保・天神社⇒E蒲須坂・三嶋神社
 

bR1・bR2・bR3の"冬休みの狛犬巡りの旅"で訪ねた神社は 印の場所です。遠くから訪れる人の利便性を考えて番地や地図を添付しました。グーグル・マップのポイントをクリックすると、画像と掲載ページへのリンクが現れます。
マップ左上にあるボタンを押すと一覧表が出ますのでご利用ください.。マップ・メニュー欄右端マークをクリックして”拡大地図”を表示”を開くと見られるでしょう。

 
さくら市馬場・今宮神社 
今宮神社住所:栃木県さくら市馬場

神社は家の立ち並ぶ町の中にありました。神社が近付いてくると初詣用の駐車場の案内が出て来たので途中からその道に入ると、小学校の校庭の臨時駐車場に出ました。車を止めさせて貰って神社まで5〜6分程歩くと鳥居が見えてきました。 初詣の混雑が終わった事もあり境内にもかなりの車が止まって居ました。

参拝の人達がかなり訪れているので写真の撮影は姿が写り込む事から慎重にしました。2020.01.04

鳥居を潜り参道を歩きだすとすぐ見応えのありそうな狛犬が奉納されていました。その先には美しい楼門が見えます。初詣の飾りつけでどのような作りか見る事は出来ませんが、重厚かつ美しい姿です。2020.01.04

楼門の説明板によれば江戸時代の文化8年(1811年)にこの楼門が建立されたと書かれています。2020.01.04

拝殿で参拝を済ませて大急ぎで扁額だけを写しました。参拝の人が続くので、その方たちが写らないように横から拝殿を撮りました。それでも正面からの写真には後姿だけが写ってしまいました。2020.01.04

神社の創建が説明文によれば鎌倉時代と古い上に町の中心部にある社らしく多くの方がお参りに訪れていました。2020.01.04

境内に銀杏の巨木が見えます。紅葉の頃はさぞかし見応えがある事でしょう。銀杏の木の先には楼門とそれに続く参道と入り口の鳥居が見えます。楼門と鳥居の間に狛犬は置かれています。参拝を済ませて見させてもらうことにします。2020.01.04
 
さくら市馬場・今宮神社狛犬・明治44年(1911年)・”宇都宮・石治 工”

右に置かれた阿像、一目見てすっきりした彫りに感じました。曲面と曲線の彫りが違和感を感じさせない出来に見えました。

子取りの意匠の子供が模様の彫られた玉を口に咥えているようです。この組み合わせは那須の狛犬巡りでは既にお目に掛かっています。県境の狛犬巡りでは多分目にした記憶がないので、もしかするとこの辺りの狛犬の一つの特徴なのかと面白く見させて貰いました。

2020.01.04

右の阿像から左の吽像を写しました。阿像の後姿も見応えのあるバランスの取れた造形に感じられます。殆どの参拝の人達は拝殿横の駐車場に車を止めているので鳥居を潜って訪れる人は稀です。

お陰で見応えのある狛犬をゆっくりと鑑賞出来ました。2020.01.04

 
左に置かれた吽像、こちらも子取りの意匠です。丸く飛び出たかなり特異な目が特徴的な印象として心に残りました。2020.01.04
 
さくら市馬場・今宮神社狛犬

素人の推測なので間違っている可能性も高いのですが、この狛犬の作者と、さくら市・八幡宮狛犬・明治38年(1905年)・”石匠・宇都宮・石屋 治平”銘の狛犬がもしかしたら同じ石工の手による石像ではないかと推理を楽しんでいます。

この今宮神社の狛犬の台座に彫られた牡丹と思われる飾りが八幡宮の台座の意匠にかなり似通った点が見られます。石工名の中に”宇都宮”の同じ文字が見られる上に、”石治”の名前も(工は多分刻むと同じ意味ではないかと思いますが)八幡宮の”石屋 治平”と極めて似ているように思えるのです。又年代も今宮神社の狛犬の明治44年と八幡宮の明治38年と極めて近い事もあります。

銘の類似性や年代の近い事がこの刻まれた文字から感じられます。

牡丹と思われる意匠がかなり今宮神社の狛犬の台座のものと似通っているように感じます。2020.01.04

 
臨時駐車場に戻る道に古い日本酒の工場がありました。 次の天神社に向かう道から夕暮れの迫る空に浮かぶ雲と山並みが見えました。
 

さくら市・天神社

 
天神社住所:さくら市長久保479

2車線の道路から鳥居が見えたので容易に神社にたどり着けました。車は鳥居の前にかなり広いスペースが有るので止める事が出来ました。

2020.01.04

 
さくら市・天神社狛犬・大正11年(1922年)・”小森 x三郎 彫刻”銘

右に置かれた阿像、夕方の近付く気配が漂う西日を横から受けて台座の上に置かれています。丸い目がかなり顔面から出ている意匠はこの辺りで何度か目にしています。

2020.01.04

 

左の吽像の後ろから鳥居越しに右の阿像を見ています。

阿像の背中には夕方の光が目一杯差していました。年号の大正11年(1922年)の文字が刻まれています。ほぼ100年以上前に刻まれた石像になります。石工名は”小森”は読めるのですが、名前の”x三郎”と刻まれた一文字目が判読できません。

伊勢参宮記念の文字も見られます、県境の村の狛犬の台座にもしばしば目にする文字です。当時の人々には一世一代の大きな神への旅だったのではと、その心に思いを馳せています。2020.01.04

 

左に置かれた吽像、背中から西日を浴びて薄暗い境内の中で輝いています。阿像に比べて少し下向きかげんなので顔の表情がハッキリと見えました。小顔のはっきりした表情に見えます、やはり大き目で少し出張った眼球が特徴的です。2020.01.04

 
さくら市・三嶋神社
三嶋神社住所:さくら市蒲須坂381

カーナビに導かれて太い通りから曲がりこむと直ぐ目の前に神社の鳥居が見えました。境内の右に集会場らしき建物がありその前に駐車場があったので停めさせて貰いました。辺りには人家が建て込んでいます。2020.01.04

木で覆われた境内は既に夕方と言っても良い程薄暗くなっています。三嶋神社で1月4日の那須の狛犬を訪ねる旅のVは終わる事にしました。拝殿で今日の旅の無事を感謝してお参りをさせて貰いました。2020.01.04

 

 
さくら市三嶋神社狛犬・昭和11年(1936年)・”梅仙 刻之”

薄暗い境内の台座の上に佇む阿像は、その表情がほほ笑みを浮かべいるようにも見えます。不思議な雰囲気を醸し出す狛犬の姿です(夕暮れの気まぐれかもしれませんが)。

台座に刻まれた”梅仙”の変わった文字を何処かで目にした気がするのですが・・・2020.01.04

 
右の阿像から吽像を見ています。迫りくる夕闇の中で立ち尽くす石像を褒めてやりたくなりました。背中からは狛犬の大きな体躯が見てとれます、この背中なら厳冬の冬の暗闇にも耐えられるだろうと、少し安心しました。2020.01.04
 
左の置かれた子取りの吽像の表情は更に頬の筋肉があたかも崩れたように見えました。ただほほ笑んでいるだけではないような複雑な表情です。子供の目だけが鋭く感じます。2020.01.04
 

午後4時50分、本殿から入り口の鳥居を写しました。狛犬の姿はそろそろ闇に没する気配です。境内の右の木の間から暮れなずむ山の峰々が空に浮かんでいました。県境の村への帰心が強くなりました、最後に一礼をして車に乗り、4号線を北上する事にしました。2020.01.04

 

1月4日、那須の狛犬Vでは都合13の社巡り、頭を垂れて狛犬を観させて貰いました。私の印象ではどれ一つして、同じ社も狛犬もありません、それぞれに特徴を持つ神域で過ごせた事は天候と共に神様に感謝しなくてはなりません。

県境の村に帰り着いたのは既に暗闇が辺りを覆う頃でした。2020.01.04

 
bPへ bR2へ bR4へ

bR3・冬休みの狛犬巡りV・E vセ細

07/02/2020
本日カウント数-
昨日カウント数-
Provided: Since Oct.10,2007